韓国語文法の語尾【-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다】の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾【-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다】の意味と使い方を解説

韓国語文法の語尾ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾「-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」とは?

ル ピリョヌン オプタ / ウル ピリョヌン オプタ
-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다
~することはない、~する必要はない

▼意味

 「-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」は「~することはない、~する必要はない」などと訳し、忠告や助言をするときなどに使います。

▼使い方

「 動詞の語幹  ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。
 ・ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について
 ・ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について

【語尾】
 「-ㄹ 필요는 없다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合
 「-을 필요는 없다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合

具体例な使い方の例

▼母音語幹の単語

마시다(マシダ)|飲む

→ 「마실 필요는 없다(マシル ピリョヌン オプタ)|飲むことはない

▼子音語幹の単語

먹다(モッタ)|食べる

→ 먹을 필요는 없다(モグル ピリョヌン オプタ)|食べることはない

▼ㄹ語幹の単語

만들다(マンドゥルダ)|作る

 → 만들 필요는 없다(マンドゥル ピリョヌン オプタ)|作ることはない

▼ㄷ変則の単語

걷다(コッタ)|歩く」 

→ 걸을 필요는 없다(トウル ピリョヌン オプタ)|歩くことはない

▼ㅂ変則の単語

돕다(トプタ)|助ける」 

→ 도울 필요는 없다(トウル ピリョヌン オプタ)|助けることはない

 参考  語幹とは?

使い方がわかる例文

<1> 無理にお酒を飲むことはないよ。
オッチロ スルル マシル ピリョヌン オプソ
억지로 술을 마실 필요는 없어.

<2> 悪いことをしたわけじゃないなら、あやまることはない。
ナプン イルル ハン ゲ アニミョン サグァハル ピリョヌン オプタ
나쁜 일을 한 게 아니면 사과할 필요는 없다.

<3> 子供が嫌なら無理にさせることはないと思う。
アイガ シロハンダミョン ムリハゲ シキル ピリョヌン オプタゴ センガッケ
아이가 싫어한다면 무리하게 시킬 필요는 없다고 생각해.

<4> 彼とは別れることはないよ。
クワヌン ヘオジル ピリョヌン オプソ
그와는 헤어질 필요는 없어.

<5> 明日は行くことはないよ。
ネイルン カル ピリョヌン オプソ
내일은 갈 필요는 없어.

まとめ

語尾「-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」は「~することはない、~する必要はない」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다」の形で使います。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」