韓国語の文法ルールまとめ【保存版】

スポンサーリンク

 

韓国語の文法

韓国語の文法ルールについて基礎部分から網羅的にまとめています。

韓国語を勉強する上で非常に大事な内容なので、お気に入りなどにページを保存し、何度も熟読することをおすすめします。

 

韓国語の文法を理解する上で一番大事なポイントは、

動詞などの「単語」と単語の後ろににつく「語尾」の組み合わせで文章を作るということです。

そして、2つを組み合わせるときに「活用ルール」があります。

単語とは何か?

語尾とは何か?

2つを組み合わせるときの活用ルールとは何か?

またその組み合わせのルールについて解説していきます。

この記事でわかること

①韓国語の文法の基礎

②「単語」の種類

③「語尾」の種類

④活用ルール

これら4つポイントを押さえれば韓国語の文法が理解できます。

スポンサーリンク

 

韓国語の文法の基礎

韓国語の文法を勉強する前に、「文法」について考えみましょう。

そもそも文法って何?

文法とは、「文を作る規則の集まり」です。

例えば、「私の家」という言葉を「私は家」とすると意味が全く違うものになりますよね。

これは単語の種類の1つである助詞「の」と「は」が別の意味を持っているからです。

このように文にしたときに意味を成す形で表現するルールがあります。

日本語と韓国語の文法の共通点

日本語と韓国語の文法の共通点は大きく3点あります。

共通点① 語順が同じ

共通点の1つが、「語順が同じ」であること。

例えば「私は昼ご飯を食べた」という文を英語や中国語の語順では「私は」→「食べた」→「昼ご飯を」となりますが、韓国語は日本語と同じく「私は昼ご飯を食べた」となります。

共通点② 助詞がある

助詞とは、「~の」「~は」など付属語と呼ばれ、他の単語について意味を成す言葉です。

例えば、「私」、それから「家」という単語(名詞)の間に助詞の「~が」「~は」をそれぞれ入れてみると、「私の家」、「私は家」となる。「私の家」は意味がわかりますが、「私は家」っておかしいですよね。

このように単独で意味のある他の単語につく言葉です。

英語には助詞がないですよね?

「I 」(私)、「am」(です)、「woman」(女性)という3つの単語を使って「I am woman」(私は女性です)という風に日本語の助詞にあたる言葉がありません。

これに対して、韓国語は日本語と同じように助詞があります。

共通点③ 敬語が多い

韓国語の敬語は日本語とは違い、大きく2段階にわかれています。

よく、1つがフランクな敬語、もう1つが丁寧な敬語という風にもいわれます。

敬語の形式の違いがあるにしても、敬語の種類が多く、日常会話にも多様する点が共通しています。

例えば英語の場合、丁寧な表現はあっても、「お前」といっても「あなた様」といっても、全て「YOU」の一言です。

韓国語の文法で一番大事なポイント

韓国語の文法で一番大事なことは

「単語」「語尾」の組み合わせで文章を作るということ。

そして、組み合わせるときの「活用ルール」があること。

それでは、「単語」、「語尾」、「活用ルール」について説明していきます。

単語について

単語とは、意味を持つ最小の単位の言葉のことです。

そして、単語は名詞や動詞、形容詞など品詞に分けられます。

品詞について

単語を文法的な機能別に分けたものを「品詞」といいます。

韓国語の品詞はどんなものがあるでしょうか?

簡単にまとめると次の通りです。

韓国語の品詞について

・韓国語の品詞は全部で9つ。

・品詞はその特徴により①体言②修飾言③関係言④独立言⑤用言の5つに分けれる。

・この中で用言のみ活用があり、それ以外は活用がない。

・活用とは、形容詞や動詞の最後の文字「다」の部分が変化すること。

・用言とは、動詞、形容詞のこと。存在詞(있다,없다)と指定詞(名詞の後につく이다/다)は動詞に含まれる。

・韓国語には品詞に属さない言葉もあり、それを「語尾」という。

韓国語単語の分類

韓国語の文法で「単語」と「語尾」の組み合わせといいましたが、このときの「単語」は「用言」のことです。

「活用する」とは「다」が他の形に変わることとも言えます。

品詞についてのより詳しい解説は↓こちらをご参照ください。

韓国語の品詞について解説

韓国語の品詞について解説

2019年4月19日

語幹について

そして、「다」を除いた部分を「語幹」といいます。

用言 = 語幹 + 

用言(形容詞、動詞)は必ずこの形になります。

韓国語の語幹は日本語にはない大きな文法の特徴です。

例えば、「食べる」という意味の「먹다」。「먹다」から「다」をとった部分の「먹」、これが「먹다」の語幹です。

 

さらに、語幹はその特徴により次のように2つ分類の仕方があります。

語幹の分類①

語幹の最後の文字にパッチムがない場合「母音語幹」。
語幹の最後の文字にパッチムがある場合でㄹ以外の場合「子音語幹」。
語幹の最後の文字にㄹパッチムがある場合「ㄹ語幹」。

もう1つの分け方が

語幹の分類②

語幹の最後の文字に「ㅏ」または「ㅗ」が含まれている場合「陽語幹」という。
語幹の最後の文字に「ㅏ」または「ㅗ」が含まれていない場合、「陰語幹」という。

これら2つの語幹の分類は、単語と語尾の組み合わせルールについて重要なポイントとなります。

より詳しい解説は↓こちらをご参照ください。

韓国語の語幹について解説

韓国語の語幹について解説

2019年4月19日

 

参考

こちらのページに単語を品詞別、50音順など検索しやすいようにしておりますので、ご参考ください。

韓国語単語【一覧】【まとめ】

韓国語単語一覧

2018年4月10日

語尾について

単語については理解できましたでしょうか?

次は、活用のある単語、用言の後ろにくる言葉、「語尾」についてです。

語尾は品詞には属さない単独では意味をなさない言葉や、複数の品詞の組み合わせで別の意味をもつものです。

単独では使われず、必ず単語の後ろについて使われます。

例えば、代表的なものでいうと「입니다」、「습니다」など丁寧語があります。

「食べる」という意味の動詞「먹다」を「食べます」という韓国語にするには、うしろの「다」をとって「습니다」をつけ「먹습니다」となります。

なぜ「습니다」になるのか?

これには決まったルールがあります。

また、語尾には丁寧語以外にも200以上もの種類があります。

語尾は3パターンに分類される

200以上ある語尾は全て大きくわけると次の3パターンに分けることができます。

語尾のパターン①

前にくる語幹に影響を受けないもの。

語尾のパターン②

前にくる語幹が、「母音語幹」、「子音語幹」、「ㄹ語幹」のどれにあたるかによって形がかわるもの。

語尾のパターン③

前にくる語幹が、「陽語幹」、「陰語幹」のどちらにあたるかによって形がかわるもの。

例えば、「行けば」、「来れば」などの「~れば」という語尾。これは韓国語では「-면」と書く場合と「-으면」と書く場合があります。

これは「語尾のパターン②」のルールが該当します。

前にくる語幹が「母音語幹」または「ㄹ語幹」の場合は「-면」、

前にくる語幹が「子音語幹」であれば「-으면」になります。

「먹다(モッタ)|食べる」という動詞を例にすると、語幹は「먹」なので「子音語幹」です。

「子音語幹」なので「-으면」を使う。

「먹」と「-으면」を合わせて「먹으면」、訳は「食べれば」となります。

この場合、「-면/-으면」は「語尾のパターン②」が適用されるというように文法のルールで決まっています。

それが200以上の語尾それぞれにあります。

 

それでは語尾にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、敬語の丁寧語など代表的なものを紹介しつつ、他のものは下の「語尾一覧」としてまとめております。

よく使う代表的な語尾

1番よく使う語尾は丁寧語です。

丁寧語について

韓国語の丁寧語は日本語とは違い、2つに分かれています。

1つが日本語と同じ丁寧語。これをスンミダ体と呼びます。

もう1つが「親しみを込めた丁寧語」。これをヘヨ体と呼びます。

ヘヨ体は日本語にはない表現ですが、日常会話では非常に使う言葉です。

また、名詞+이다の形を丁寧語にする場合は、「이다」の部分だけが共通して変化しますが、これについては分けて説明します。

① スンミダ体

詳細はこちら↓

韓国語基礎「ㅂ니다/습니다」を解説

韓国語の丁寧語「スンミダ体」【ㅂ니다 ムニダ / 습니다 スムニダ】を解説!

2018年10月12日

 

② ヘヨ体

詳細はこちら↓

韓国語基礎ヘヨ体を解説

韓国語の丁寧語「ヘヨ体 」【아요 アヨ / 어요 オヨ / 여요 ヨヨ】を解説!

2018年10月12日

 

③ 名詞+이다の丁寧語

詳細はこちら↓

韓国語基礎「名詞+です」を解説

韓国語「名詞 + です 」【입니다 イムニダ】【이에요/예요 イエヨ/エヨ】を解説!

2018年10月12日

語尾一覧

丁寧語以外の語尾についてはこちらに一覧化しています。

韓国語文法の語尾一覧

【韓国語 文法】語尾一覧(意味と使い方の説明付き)【保存版】

2018年4月9日

活用ルール

ここまでで、次のことが理解できたと思います。

・韓国語の文法は「単語」と「語尾」の組み合わせであること。

・「単語」は活用のある用言のみであること。

・用言には語幹があり、語幹には種類があること。

・「語尾」には種類があること。

そして、最後のポイントが「活用ルール」です。

活用ルールのポイント

活用ルールのポイントは3つです。

①前にくる単語の語幹は何か?
②次に後ろにくる文法は、前の語幹によってわかれるタイプか?
③最後に、前の単語に例外ルールがあるか?

この3つポイントを①から順番に確認すれば、正しい活用となります。

①前にくる単語の語幹は何か?

これは語幹について説明したとおり、前にくる単語が「母音語幹」、「子音語幹」、「ㄹ語幹」のどれにあたるか、また「陽語幹」、「陰語幹」のどちらにあたるかという意味です。

②次に後ろにくる文法は、前の語幹によってわかれるタイプか?

これは語尾が3パターンあると説明したルールのことです。

③最後に、前の単語に例外ルールがあるか?

例外ルール(変則ルールとも呼ばれます)とは、ある特定の単語だけ語尾によって語幹が変化することです。

例えば「받다|パッタ|受ける」の語幹は「받」なので、「陽語幹」です。

「陽語幹」のヘヨ体は、「다」の代わりに「아요」がくるので、「받아요|パダヨ|受けます」となります。

ところが同じ「陽語幹」の「돕다|トプタ|助ける」は、「돕아요」とはならず、「도와요」とするのが正解です。

このように単語によっては変則的に活用するものがあります。

変則活用のパターンについては次のようなものがあります。

・ㄷ変則
・으変則
・ㄹ変則
・ㅂ変則

用言の活用のルールをまとめました。

詳細はこちら↓

韓国語の活用ルール【まとめ】

韓国語の活用ルール【まとめ】

2019年4月19日

語尾別の活用ルールについて

語尾別の活用ルールについては、語尾一覧の中でそれぞれの語尾に「使い方」を説明しています。

韓国語文法の語尾一覧

【韓国語 文法】語尾一覧(意味と使い方の説明付き)【保存版】

2018年4月9日

【戻る】

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)