韓国語の語幹について解説

スポンサーリンク

 

韓国語の語幹について解説

韓国語の語幹とは何でしょうか?

語幹は日本語にはない韓国語特有の文法で、これを理解しないことには韓国語の理解ができません。

今回は、韓国語の語幹について丁寧に解説します。

 

韓国語語幹とは?

ポイント①

語幹は、用言(形容詞、動詞などのこと)にのみ存在し、用言の原形はすべて「語幹 + 」の形になっています。

用言とは、動詞、形容詞、存在詞、指定詞のことです。

《例》
動詞「미시다マシダ飲む」 → 「미시」の部分が語幹
形容詞「예쁘다イェプダかわいい」 → 「예쁘」の部分が語幹
存在詞「있다イッタある」 → 「」の部分が語幹
指定詞「이다イダ~だ」 → 「」の部分が語幹

 

ポイント②

語幹は、活用しません。

活用とは、「語幹 + 」の「」の部分が別の文字へ変化することです。

《例》ヘヨ体へ変化
있다イッタある」 →  「있어요イッソヨあります

 

韓国語の語幹には種類がある

語幹には種類があり、2つの分け方があります。

1つが、「母音語幹」「子音語幹」「ㄹ語幹」の3種類にわかれる。

もう1つが「陽語幹」「陰語幹」の分け方です。

これは活用を知る上で重要です。

 

「母音語幹」「子音語幹」「ㄹ語幹」について

「母音語幹」「子音語幹」「ㄹ語幹」の3種類への分け方については、語幹の最後の部分で判断します。

「母音語幹」とは、語幹の最後が「母音」で終わっている文字。
「子音語幹」とは、語幹の最後が「ㄹ」以外の「子音」で終わっている文字。
「ㄹ語幹」とは、語幹の最後が「ㄹ」で終わっている文字。

《例》
가다カダ行く」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」で終わっているので「母音語幹」。
있다イッタある」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」で終わっているので「子音語幹」。
알다アルダ知る」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」で終わっているので「ㄹ語幹」。

 

「陽語幹」「陰語幹」について

「陽語幹」とは、語幹の最後の文字に「」または「」が含まれている言葉。

「陰語幹」とは、語幹の最後の文字に「」または「」が含まれていない言葉。

《例》
가다カダ行く」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」が含まれるので「陽語幹」。
있다イッタある」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」も「」も含まれないので「陰語幹」。
알다アルダ知る」の語幹の最後の文字は「」。「」は「」が含まれるので「陽語幹」。

 

最後に

語幹については理解できましたでしょうか?

まとめ

・語幹は用言(形容詞、動詞、存在詞、指定詞)にのみ存在する。

・用言の原形はすべて「語幹 + 」の形。

・語幹は「母音語幹」「子音語幹」「ㄹ語幹」の3つへの分け方と、「陽語幹」「陰語幹」と2つへの分け方がある

それでは~

【戻る】

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)