【韓国語 文法】語尾の「-ㄹ 걸 그랬다/-을 걸 그랬다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

【韓国語 文法】語尾の「-ㄹ 걸 그랬다/-을 걸 그랬다」の意味と使い方を解説

 

韓国語語尾「-ㄹ 걸 그랬다/-을 걸 그랬다を解説していきます!

TOPIKでは中級レベルの文法になります。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を勉強していきます。

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-(으)ㄹ걸 그랬다」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-(으)ㄹ걸 그랬다」「~しておけばよかったなどと訳し、してなかったことに対する後悔を表すときに使います。

(例)早く出ておけばよかった → 빨리 나갈 걸 그랬다.

 

ポイント②

「-(으)ㄹ걸 그랬다」の前に来る言葉は動詞の語幹

 

ポイント③
  • 前に来る動詞が母音語幹(パッチムなし)またはㄹ語幹のの場合、「-ㄹ걸 그랬다」を使う。
  • 前に来る動詞がㄹ以外の子音語幹(パッチムあり)の場合、「-을걸 그랬다」を使う。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
クテ ヨンラッカルコル クレッソヨ
그때 연락할걸 그랬어요.
その時連絡しておけばよかったです。

<2> 
アチンパプ モグルコル クレッソヨ
아침밥 먹을걸 그랬어요.
朝ごはん食べておけばよかったです。

<3>
マニ マンドゥルコル クレッタ
많이 만들걸 그랬다.
たくさん作っておけばよかった。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「많이(たくさん) / 말하다(話す)」

▼解答例を確認

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-(으)ㄹ걸 그랬다」「~しておけばよかったなどと訳し、してなかったことに対する後悔を表すときに使います。
  • 「-(으)ㄹ걸 그랬다」の前に来る言葉は動詞の語幹
  • 前に来る動詞が母音語幹(パッチムなし)またはㄹ語幹のの場合、「-ㄹ걸 그랬다」を使う。
    前に来る動詞がㄹ以外の子音語幹(パッチムあり)の場合、「-을걸 그랬다」を使う。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」