名詞

「勉強」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!単語

「勉強」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!

「勉強」を韓国語では「공부|コンブ」といい、後ろに「하다|ハダ|~する」をつけて「공부하다|コンブハダ」で「勉強する」といいます。
今回は「勉強」という単語の意味、単語の使い方を例文を見ながら理解し、似た意味の他の言葉についてもハングルの例文を見ながら解説します。

「間違い」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!単語

「間違い」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!

「間違い」を韓国語では「틀림|トゥルリム」、「間違える」、「間違う」と、動詞にする場合は「들리다|トゥルリダ」といいます。
また、「間違い」は、「잘못|チャルモッ」、「間違える」、「間違う」は「잘못하다|チャルモタダ」ともいいます。
今回は「間違い」という単語の意味、単語の使い方についてハングルの例文を見ながら理解し、関連する単語についても解説します。

「必要」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!単語

「必要」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!

「必要」を韓国語では「필요|ピリョ」といいます。後ろに「하다|ハダ」をつけて「필요하다|ピリョハダ」で「必要だ」という形容詞になります。
今回は「必要」という単語の意味、単語の使い方についてハングルの例文を見ながら理解し、「소용없다」や「쓸데없다」など関連する単語についても解説します。

「終わり」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!単語

「終わり」を韓国語で何というか解説!ハングルを勉強しよう!

「終わり」を韓国語では「끝|クッ」といいます。今回は「끝|クッ|終わり」のを韓国語の単語について、意味、単語の使い方についてハングルの例文をご紹介しながら解説します。また、「終える」は何というか?「最後」など「終わり」の意味に近い言葉はどういった韓国語になるか?についても解説していきます。