文法

韓国語文法の語尾【-는 법】の意味と使い方を解説

2019年7月11日

韓国語文法の語尾【-는 법】の意味と使い方を解説

 

韓国語文法の語尾-는 법(ヌン ボプ)」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

 

韓国語文法の語尾「-는 법」とは?

ヌン ボプ
-는 법
~し方

▼意味

 「-는 법(ヌン ボプ)」は「~し方」と訳し、前にくる動詞と合わせてある方法を表現します。

▼使い方

「 動詞の語幹  는 법 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。
 ・ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落)

【語尾】
 語尾の「-는 법」は、前に来る単語による使い分けはありません。

 

具体例な使い方の例

▼母音語幹の単語

마시다(マシダ)|飲む

→ 「마시는 법(マシヌン ポプ)|飲み方

▼子音語幹の単語

먹다(モッタ)|食べる

→ 먹는 법(モンヌン ポプ)|食べ方

▼ㄹ語幹の単語

만들다(マンドゥルダ)|作る

 → 만드는 법(マンドゥヌン ポプ)|作り方

▼陽語幹の単語

타다(タダ)|乗る

 → 타는 법(タヌン ポプ)|乗り方

▼陰語幹の単語

읽다(イッタ)|読む」 

→ 읽는 법(インヌン ポプ)|読み方

 参考  語幹とは?

「~し方」と訳すが「-는 법」を使わない場合

基本は動詞+는 법で「~し方」と訳しますが、次のような一部の単語では間違いではありませんが、不自然な表現になる場合があります。

▼「話し方

 「이야기하는 법(イヤギハヌン ポプ)」より「말투(マルトゥ)」を使う方が多い。

▼「言い方

 「말하는 법(マラヌン ポプ)」より「말투(マルトゥ)」を使う方が多い。

▼「考え方

 「생각하는 법(センガッカヌン ポプ)」より「사고방식(サゴパンシク)」を使う方が多い。

▼「使い方

 「쓰는 법(スヌン ポプ)」より「사용법(サヨンポプ)」を使う方が多い。

使い方がわかる例文

<1> 韓国への行き方を知りたいです。
ハングゲ カヌン ポブル アルゴ シッポヨ
한국에 가는 법을 알고 싶어요.

<2> 韓国語の書き方を教えてください。
ハングゴ スヌン ポブル カルチョ ジュセヨ
한국어 쓰는 법을 가르쳐 주세요.

<3> キムチチゲの作り方を習いました。
キムチチゲ マンドゥヌン ポブル ペウォッソヨ
김치찌개 만드는 법을 배웠어요.

<4> 彼は話し方が優しいです。
クヌン マルトゥガ サンニャンヘヨ
그는 말투가 상냥해요.

<5> 韓国のバスの乗り方は難しい。
ハングッ ボス タヌン ポブン オリョウォ
한국 버스 타는 법은 어려워.

まとめ

語尾「-는 법」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-는 법(ヌン ポプ)」は「~し方」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-는 법」の形で使います。
・前にくる動詞がㄹ語幹の場合は、ㄹ変則に従いㄹが脱落する。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 


-文法

© 2020 コリアブック