【韓国語 文法】語尾の「-는 바람에」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-는 바람에」を解説

韓国語語尾「-는 바람에を解説していきます!

TOPIKでは中級レベルの文法になります。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を勉強していきます。

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-는 바람에」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-는 바람에」「~したためになどと訳し、前の動作が予想外の結果をもたらしたことを説明するときに使う。

※「~のために」は「때문에」があるが、「는 바람에」はネガティブな結果が来ることが多い点が違う。

(例)雨が降ったために濡れた → 비가 오는 바람에 젖었다.

 

ポイント②

「-는 바람에」の前に来る言葉は動詞の語幹

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
サゴガ イロナヌン パラメ ヌジョッタ
사고가 일어나는 바람에 늦었다.
事故が起きたために遅れた。

<2> 
コンブハヌン パラメ チョナ モッ パダッタ
공부하는 바람에 전화 못 받았다.
勉強するために電話に出られなかった

<3>
テブンイ パルセンハヌン パラメ ウンドンフェヌン チュンジテオッタ
태풍이 발생하는 바람에 운동회는 중지되었다.
台風が発生したために運動会は中止になった。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「청소(掃除) / 영화 (映画)」

▼解答例を確認

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-는 바람에」「~したためになどと訳し、前の動作が予想外の結果をもたらしたことを説明するときに使う。
  • 「-는 바람에」の前に来る言葉は動詞の語幹

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」