文法

韓国語文法の語尾【-아 오다/-어 오다/-여 오다】の意味と使い方を解説

2019年7月23日

韓国語文法の語尾【-아 오다/-어 오다/-여 오다】の意味と使い方を解説

 

韓国語文法の語尾-아 오다/-어 오다/-여 오다」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

 

韓国語文法の語尾「-아 오다/-어 오다/-여 오다」とは?

ア オダ / オ オダ / ヨ オダ
-아 오다/-어 오다/-여 오다
~てくる

▼意味

 「-아 오다/-어 오다/-여 오다」は「~てくる」と訳し、時間が進行し、ある状態になる様を説明するときに使います。

▼使い方

「 動詞の語幹  아 오다/-어 오다/-여 오다 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。

【語尾】
 「-아 오다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合
 「-어 오다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合
 「-여 오다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여 오다」となりますが通常「해 오다」と書きます。

 

具体例な使い方の例

▼陽語幹の単語

닦다(タッタ)|磨く

 → 닦아 오다(タカ オダ)|磨いてくる

▼陰語幹の単語

가르치다(カルチダ)|教える」 

→ 가르쳐 오다(カルチョ オダ)|教えてくる

▼「하다」の単語

참가하다(チャムガハダ)|参加する

→ 참가해 오다(チャムガヘ オダ)|参加してくる

 参考  語幹とは?

使い方がわかる例文

<1> 今までずっと考えてきました。
チグムカジ チュッ センガッケ ワッソヨ
지금까지 쭉 생각해 왔어요.

<2> 夏になり暑くなってきました。
ヨルミ テソ トウォジョ ワッソヨ
여름이 돼서 더워져 왔어요.

<3> どういう意味か、少しずつわかってきました。
ムスン トゥシンジ チョグムシク イヘテオ ワッソヨ
무슨 뜻인지 조금씩 이해되어 왔어요.

<4> 韓国語を10年間教えてきました。
ハングゴルル シンニョントンアン カルチョ ワッソヨ
한국어를 십년동안 가르쳐 왔어요.

<5> たくさん練習してきたから自信があります。
マニ ヨンスブル ヘ ワッスニカ チャシニ イッソヨ
많이 연습을 해 왔으니까 자신이 있어요.

まとめ

語尾「-아 오다/-어 오다/-여 오다」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-아 오다/-어 오다/-여 오다」は「~てくる」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-아 오다/-어 오다/-여 오다」の形で使い、動詞的な意味を持ちます。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 


-文法

© 2020 コリアブック