韓国語文法の語尾【-아 가다/-어 가다/-여 가다】の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾【-아 가다/-어 가다/-여 가다】の意味と使い方を解説

韓国語文法の語尾아 가다/-어 가다/-여 가다」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾「-아 가다/-어 가다/-여 가다」とは?

ア カダ / オ カダ / ヨ カダ
-아 가다/-어 가다/-여 가다
~ていく

▼意味

 「-아 가다/-어 가다/-여 가다」は「~ていく」と訳し、現在から未来に時間が進行していく様を説明するときに使います。

▼使い方

「 動詞の語幹  아 가다/-어 가다/-여 가다 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。

【語尾】
 「-아 가다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合
 「-어 가다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合
 「-여 가다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여 가다」となりますが通常「해 가다」と書きます。

スポンサーリンク

具体例な使い方の例

▼陽語幹の単語

끝나다(クンナダ)|終わる

 → 끝나 가다(クンナ ガダ)|終わっていく

▼陰語幹の単語

잊다(イッタ)|忘れる」 

→ 잊어 가다(イジョ ガダ)|忘れていく

▼「하다」の単語

하다(ハダ)|する

→ 해 가다(ヘ ガダ)|していく

 参考  語幹とは?

使い方がわかる例文

<1> 花が散っていく。
コチ トロジョ ガダ
꽃이 떨어져 가다.

<2> だんだん忘れていくだろう。
ジョムジョム イジョ ガル コシダ
점점 잊어 갈 것이다.

<3> 痛みが少しずつ消えていった。
トンチュンイ チョグムシク サラジョ ガッタ
통중이 조금씩 사라져 갔다.

<4> 我慢できなくなっていった。
チャムル ス オプケ テオ ガッタ
참을 수 없게 되어 갔다.

<5> 本を読まないと世界が小さくなっていきます。
チェグル イッチ アヌミョン セゲガ チャガジョ ガヨ
책을 읽지 않으면 세게가 작아져 가요.

まとめ

語尾「-아 가다/-어 가다/-여 가다」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-아 가다/-어 가다/-여 가다」は「~ていく」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-아 가다/-어 가다/-여 가다」の形で使い、動詞的な意味を持ちます。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」