【韓国語 文法】語尾の「-자고 하다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-자고 하다」を解説

韓国語語尾「-자고 하다」を解説していきます!

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-자고 하다」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-자고 하다」「~しようと言うという意味の間接話法です。

(例)친구가 ”점심 같이 먹어요”라고 했어요. → 친구가 점심 먹자고 했어요.

間接話法が?の人はこちらをご参照ください。

韓国語文法「-다고 하다」を解説

【韓国語 文法】語尾の「-다고 하다」の意味と使い方を解説

2018年9月18日

 

ポイント②

「-자고 하다」の前に来る言葉は動詞の語幹のみです。

語幹?用言?という方はこちらをチェック → 韓国語の文法について

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
チングガ カチ チョンシム モッチャゴ ヘヨ
친구가 같이 점심 먹자고 해요.
友達が、一緒に昼ご飯食べようといいます。

<2> 
パルリ カジャゴ ヘヨ
빨리 가자고 해요.
早く行こうといいます

<3>
チベカソ マンドゥルジャゴ ヘヨ
집에 가서 만들자고 해요.
家に行って作ろうといいます。

 

まとめ

韓国語の文法「-자고 하다」「~しようと言うという意味の間接話法です。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」