文法

韓国語の語尾【-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다】の意味

2019年9月6日

韓国語の語尾【-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다】の意味

 

韓国語文法の語尾-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

 

韓国語文法の語尾「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」とは?

アド オチョルスオプタ / オド オチョルスオプタ / ヨド オチョルスオプタ
-아도 어쩔 수 없다 / -어도 어쩔 수 없다 / -여도 어쩔 수 없다
~してもしょうがない

▼意味

 「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」は「~してもしょうがない」など訳し、前の単語の行動をしても自分の力ではどうにもできないという説明などに使います。

▼使い方

「 動詞の語幹  아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。

【語尾】
 「-아도 어쩔 수 없다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合
 「-어도 어쩔 수 없다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合
 「-여도 어쩔 수 없다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여도 어쩔 수 없다」となりますが通常「해도 어쩔 수 없다」と書きます。

 

具体例な使い方の例

▼陽語幹の単語

닦다(タッタ)|磨く

 → 닦아도 어쩔 수 없다(タカド オチョルスオプタ)|磨いてもしょうがない

▼陰語幹の単語

가르치다(カルチダ)|教える」 

→ 가르쳐도 어쩔 수 없다(カルチョド オチョルスオプタ)|教えてもしょうがない

▼「하다」の単語

참가하다(チャムガハダ)|参加する

→ 참가해도 어쩔 수 없다(チャムガヘド オチョルスオプタ)|参加してもしょうがない

 参考  語幹とは?

使い方がわかる例文

<1> いくら考えてもしょうがない。
アムリ センガッケド オチョルスオプタ
아무리 생각해도 어쩔 수 없다.

<2> いまさら頑張ってもしょうがない。
イジェ ワソ ノリョケド オチョルスオプタ
이제 와서 노력해도 어쩔 수 없다.

<3> いくら話をしてもしょうがない。
アムリ イヤギヘド オチョルスオプタ
아무리 이야기해도 어쩔 수 없다.

<4> 今から行ってもしょうがないです。
チグムプット カド オチョルスオプタ
지금부터 가도 어쩔 수 없다.

<5> 悪口を言ってもしょうがないよ。
ヨクソルヘド オチョルスオプソ
욕설해도 어쩔 수 없어.

まとめ

語尾「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」は「~してもしょうがない」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」の形で使い、動詞的な意味を持ちます。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 


-文法

© 2020 コリアブック