韓国語文法の語尾【-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다】の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾【-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다】の意味と使い方を解説

韓国語文法の語尾아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

韓国語文法の語尾「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」とは?

アソヌン アン テダ / オソヌン アン テダ / ヨソヌン アン テダ
-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다
~べきではない

▼意味

 「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」は「~べきではない」と訳し、そうなってはいけない状態や動作を説明します。

▼使い方

「 動詞の語幹  아서는 안 되다 / 어서는 안 되다 / 여서는 안 되다 」

【前に来る単語】
 ・前に来る単語は動詞の語幹のみ。

【語尾】
 「-아서는 안 되다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合
 「-어서는 안 되다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合
 「-여서는 안 되다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여서는 안 되다」となりますが通常「해서는 안 되다」と書きます。

スポンサーリンク

具体例な使い方の例

▼陽語幹の単語

타다(タダ)|乗る

 → 타서는 안 되다(タソヌン アン テダ)|乗るべきではない

▼陰語幹の単語

읽다(イッタ)|読む

→ 읽어서는 안 되다(イゴソヌン アン テダ)|読むべきではない

▼「하다」の単語

이야기하다(イヤギハダ)|話す

→ 이야기해서는 안 되다(イヤギヘソヌン アン テダ)|話すべきではない

 参考  語幹とは?

[/box]

使い方がわかる例文

<1> お酒を飲んで運転すべきではありません。
スル マシゴ ウンジョンヘソヌン アンデンミダ
술 마시고 운정해서는 안 됩니다.

<2> 何回も連絡すべきではない。
ミョッポンイナ ヨンラケソヌン アン テダ
몇번이나 연락해서는 안 되다.

<3> 安いものは買うべきではない。
サン ゴスン サソヌン アン テダ
싼 것은 사서는 안 되다.

<4> 約束時間に遅れるべきではありません。
ヤクソク シガネ ヌジョソヌン アンデヨ
약속 시간에 늦어서는 안 돼요.

<5> その話はここですべきではありません。
ク イヤギヌン ヨギソ ヘソヌン アン デヨ
그 이야기는 여기서 해서는 안 돼요.

まとめ

語尾「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」は「~べきではない」などと訳します。
・「動詞の語幹」+「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」の形で使います。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」