韓国語の尊敬語について解説

スポンサーリンク

 

韓国語の尊敬語について解説

韓国語の尊敬語について解説します。

韓国も日本と同じように敬語を多用します。

敬語の使い方は日本語と同じく、主語(文章で話題になっている人物)が目上の人の場合などに使われます。

「お~になる」、「~られる」などに訳される言葉ですね。

 

韓国語尊敬語の作り方

韓国語の尊敬語の作り方には、一部例外的な作り方をされる単語がありますので、基本的な作り方と例外的な作り方でわけて考えます。

 

基本的な作り方

ポイント①

用言の語幹の後に「」または「으시」を入れる。

 

ポイント②

語幹の終わりの文字が「母音語幹」または「語幹」、「子音語幹」によって「」を使うか「으시」を使うかわかれる。

語幹がよくわからない方はまずは↓こちらを確認してください。

韓国語の語幹について解説

韓国語の語幹について解説

2019年4月19日

 

ポイント③

語幹」の場合、「」は脱落する。

 

가다カダ行く」→「가시다カシダ行かれる
읽다イッタ読む」→「읽으시다イルグシダ読まれる
살다サルダ住む」→「사시다サシダ住まれる

※「살다」は「」が脱落し、「사시다」となっている。

 

ポイント④

ヘヨ体の場合は、次のように活用するので注意が必要。

가시다」→「가시어요」→「가셔요」→「가세요
읽으시다」→「읽으시어요」→「읽으셔요」→「읽으세요
사시다」→「사시어요」→「사셔요」→「사세요

※通常、一番右の言葉を使います。

 

特殊な尊敬語

単語の中には上記の基本的な作り方とは関係なく、特殊な形になるものがあります。

これらは数が多くないので全て覚えましょう。

また、用言のみならず、名詞や助詞も特殊な尊敬語があります。

 

用言

먹다モッタ食べる」→「드시다トゥシダ召し上がる」または「잡수시다チャプスシダ召し上がる
마시다マシダ飲む」→「드시다トゥシダ召し上がる
있다イッタいる」→「계시다ケシダいらっしゃる
자다チャダ寝る」→「주무시다チュムシダお休みになる
죽다チュッタ死ぬ」→「돌아가시다トラガシダお亡くなりになる
아프다アプダ痛い」→「편찮으시다ピョンチャヌシダお加減が悪い

 

名詞

マル言葉」→「말씀マルスムお言葉
나이ナイ年齢」→「연세ヨンセお年
이름イルム名前」→「성힘ソンハムお名前
パプご飯」→「진지ジンジお食事
チプ」→「テクお宅、ご自宅
아버지アボジ」→「부친プチンお父様、父上
어머니オモニ」→「모친モチンお母様、母上
ビョン病気」→「병환ビョンファンご病気
생일センイル誕生日」→「생신センシンお誕生日

아버지」を「아버님」、「어머니」を「어머님」ともいうが、自分の親に対して使うのは親が亡くなっているときだけ。他人の親に対して使っても問題ない。

 

助詞

-는/은~は」→「께서는ケソヌン
-도~も」→「께서도ケソド
-가/이~が」→「께서ケソ
-에게(한테)~に」→「

助詞が敬語になるは韓国語特有で日本語にはありません。なので、日本語訳はかわりません。

 

丁寧な命令形

~しろ」などの命令形を丁寧な表現で「~してください」などになる場合、「-(으)십시오(ウ)シプシオ」または「-(으)세요(ウ)セヨ」を使います。

~しないでください」という場合は「-지 마십시오ジマシプシオ」または「-지 마세요ジマセヨ」を使います。

《例》

行ってください」→「가십시오カシプシオ」または「가세요カセヨ
行かないでください」→「가지 마십시오カジマシプシオ」または「가지 마세요カジマセヨ

-(으)십시오(ウ)シプシオ」、「-지 마십시오ジマシプシオ」は「スンミダ体」と同様に丁寧語。

-(으)세요(ウ)セヨ」、「-지 마세요ジマセヨ」は「ヘヨ体」と同様に親しみを込めた丁寧語です。

 

最後に

以上、韓国語の尊敬語ですが、理解できましたでしょうか?

初見で見られた方は難しく感じたかもしれません。

尊敬語はこのルールというように決まったものなので、上で例にあげた単語以外も尊敬語に直してみたり繰り返し練習することで理解できます。

また特殊な尊敬語は、暗記するしかないので、これも繰り返し練習しましょう。

まとめ

・尊敬語にするには、用言の語幹の後に「」または「으시」を入れる。

・語幹の終わりの文字が「母音語幹」または「語幹」、「子音語幹」によって「」を使うか「으시」を使うかわかれる。

・「語幹」の場合、「」は脱落する。

・ヘヨ体の場合は、次のように活用するので注意が必要。

가시다」→「가시어요」→「가셔요」→「가세요
※通常、一番右の言葉を使う。

・特殊な尊敬語はただただ覚える。

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)