【韓国語 文法】語尾の「-나 보다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「나 보다」の使い方

韓国語語尾「-나 보다」を解説していきます!

この文法は、韓国語能力試験の第52回읽기の3問目で出題されています。

日常会話でもよく使われる文法です。

意味と前にくる言葉が変形するパターンがあるか確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-나 보다 ナ ポダ」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-나 보다 ナ ポダ「~ようだ」という訳で、動作、状態の推測の意味があります。

(推測なので「~みたい」などに訳しても大丈夫です)

ポイント②

「-나 보다 ナ ポダ」の前に来る言葉は次の3つの語幹です。

  1. 動詞
  2. 用言の過去形
  3. 있다/없다
ポイント③

上記ポイント②の1.動詞の場合、その語幹が語幹は母音語幹、子音語幹の場合はそのまま「나 보다」の形で使いますが、ㄹ語幹の場合は、ㄹが脱落します。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1> 動詞-母音語幹
ヨニュヘ タドゥル ノルロ カナバヨ
연휴에 다들 놀러 가나 봐요.
連休にみんな遊びに行くようです

<2> 動詞-子音語幹
イッタ チョンシン タガッチ モンナパヨ
이따 점심 다 같이 먹나 봐요.
あとで昼ご飯みんな一緒に食べるようです。

<3> 動詞-ㄹ語幹
ケヌン アナバ
걔는 아나 봐.
やつは知ってるみたい

<4> 形容詞の過去形
ノム チュオンナ バ
너무 추웠나 봐.
寒すぎたみたい

<5> 動詞の過去形
クガ ワンナバ
그가 왔나 봐
彼が来たみたい

<6> 있다/없다
ムスンイリ インナバヨ
무슨 일이 있나 봐요.
何か用事があるようです

<7> 
ケソッ ウッコ タニヌン ゴル ポニ チョウン イリ インナポダ
계속 웃고 다니는 걸 보니 종은 일이 있나 보다.
ずっと笑っているのを見るといいことがあったようだ

※ <7>は第52回韓国語能力試験のTOPIKⅡの읽기の3問目に実際に出た問題です。

ちなみに問題では、「있나 보다」と近い意味の言葉を選択肢から選ぶというものですが、答えは「있는 모양이야」(ある様子だ)です。

「모양 モヤン」はそのまま「模様」「様子」という意味で推測を表していますので「있나 보다」と似た言葉になります。

 

STEP-UP

가 보다との違い

「-나 보다 ナ ポダ」の説明のポイント②であげた通り、前に来る言葉は「動詞」「用言の過去形」「있다/없다」の3種類でした。

では、「形容詞」「名詞」などの場合はどうなるでしょうか?

「形容詞」「名詞」でも推測の意味で使いますよね?

例えば、「韓国は暑いようだ」、「一番暑い国は韓国のようだ」などです。

日本語の訳は「~ようだ」なので動詞も形容詞も名詞も関係ないですが、韓国語の場合は「形容詞」「名詞」の場合、「-나 보다 ナ ポダ」ではなく「ㄴ가 보다」を使います。

先ほどの例文は次のようになります。

  • 韓国は暑いようだ → 한국은 더운가 보다
  • 一番暑い国は韓国のようだ → 제일 더운 나라는 한국인가 보다

パッチムがあるときは、은가 보다、ないときはㄴ가 보다です。

 

것 같다との違い

「~のようだ」でよく使うので「것 같다」がありますが、これは「-나 보다 ナ ポダ」、「ㄴ가 보다 ガ ポダ」より確実性が低い場合に使います。

確実性の高さは次の通りです。

「것 같다」 < 「-나 보다」、「ㄴ가 보다」

両方とも「~のようだ」という訳になりますが、「것 같다」は根拠がないような場合に使います。

逆に「-나 보다」、「ㄴ가 보다」は根拠がある上での推測なので、前に根拠を示す言葉がくることが多いです。

  • 아마 비가 올것 같다 たぶん雨が降るみたい
  • 하늘 보니 비가 오나 보다 空をみると雨が降りそうだ

 

先ほど紹介した例文<7>(韓国語能力試験の問題)も「-나 보다」の前に「ずっと笑ってるのをみると」という根拠を示す言葉がきています。

 

まとめ

  • 韓国語で「-나 보다 ナ ポダ」は「~ようだ」と訳す

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」