【韓国語 文法】語尾の「-나 마나 / -으나 마나 」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語の文法「-나 마나 / -으나 마나 」の意味と使い方を解説

韓国語語尾나 마나(ナマナ)/ 으나 마나(ウナマナ)」を解説していきます!

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

韓国語の文法「-나 마나 / -으나 마나」とは?

ポイント①

韓国語の文法「-(으)나 마나」「~してもしなくてもなどと訳し、行われていようがいまいが関係ないと説明するときに使います。

(例)みてもみなくてもいい作品だと思う → 보나 마나 좋은 작품인 것 같아.

 

ポイント②

「動詞の語幹 + (으)나 마나」で使う。

 

ポイント③
  • 前に来る動詞が母音語幹(パッチムなし)またはㄹ語幹のの場合、「-나 마나」を使う。
  • 前に来る動詞がㄹ以外の子音語幹(パッチムあり)の場合、「-으나 마나」を使う。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
テギョル ハナマナ オチャピ イギンゴン ナダ
대결 하나 마나 어차피 이기는 건 나다.
対決をしようがしまいが、どうせ勝つのは俺だ。

<2> 
クサラメ イヤギルル トゥルナ マナ ナ コッ ヘオジルコヤ
그 사람의 이야기를 들으나 마나 나 꼭 헤어질거야.
その人の話を聞いても聞かなくても私は絶対別れるんだ。

<3>
ソルミョンソ イルグナマナ モッ マンドゥルゲッタ
설명서 읽으나 마나 못 만들겠다.
説明書を読んでも読まなくても作れなさそうだ。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「먹어 보다(食べてみる) / 맛있다(美味しい)」

▼解答例を確認

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-(으)나 마나」「~してもしなくてもなどと訳し、行われていようがいまいが関係ないと説明するときに使います。
  • 「用言の語幹 + (으)나 마나」で使う。
  • 前に来る動詞が母音語幹(パッチムなし)またはㄹ語幹のの場合、「-나 마나」を使う。
    前に来る動詞がㄹ以外の子音語幹(パッチムあり)の場合、「-으나 마나」を使う。

 

>>戻る<<

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」