【韓国語 文法】語尾の「-고 있다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「고 있다」を解説

韓国語語尾「-고 있다」を解説していきます!

この文法は、日常会話でかなり使われるので絶対覚えておきたい文法です。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

特に、日本語とはニュアンスが少し違う点がある注意が必要です。

それでは見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-고 있다 ゴ イッタ」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-고 있다 ゴ イッタ」「~している」という意味で、動作または動作が継続していることを表します。

いわゆる現在進行形を表す文法です。

ポイント②

「-고 있다 ゴ イッタ」の前に来る言葉は動詞の語幹のみです。

その語幹は母音語幹、子音語幹、ㄹ語幹のどれがきても変形しません。

ポイント③

過去の進行形を使うときは注意が必要です。

例えば、「昨日何してた?」という質問に対して「遊んでいた」と回答する場合、

「놀고 있었다 」と進行形ではなく普通に「놀았어」(遊んだ)と回答するのが自然です。

日本語とは違い韓国語ではあまり過去の進行形は使いません。

ただし、「昨日は遊んでいたんだけど、その時友達から電話がかかってきた」のように過去のピンポイントの話(電話がかかってきた瞬間の話)をするときは進行形を使います。

「어제 놀고 있었는데 그때 친구한테 전화가 왔어요」このようになります。

ポイント④

韓国語は現在形に進行形の意味が含まれているので、わざわざ進行形にしなくても意味はほぼ同じになります。

例えば、「友達が来ています」「友達が来ます」、この2つの文は日本語ではニュアンスが違いますが、韓国語ではほとんど同じニュアンスで区別がありません。

「친구가 오고 있어요」「친구가 와요」どちらも使いますが、実際の韓国人の会話を聞くと体感としては「-고 있다 ゴ イッタ」はあまり使っていないです。

「오고 있어요」というより、「 와요」といった方が短い文章で伝えられるといういのもあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
チング チベ ノルロ カゴイッソヨ
친구 집에 놀러 가고 있어요.
友達の家に遊びにいっています。

<2> 
ヨンファ ポゴ イッソヨ
영화 보고 있어요.
映画を見ています。

<3>
パンモッコ イッソヨ
밥 먹고 있어요.
ご飯を食べています。

<4>
イム カゴイッスニ チョム キダリョヨ
짐 가고 있으니 좀 기다려요.
今行ってるのでちょっと待っててください。

<5>
サルゴ イッソヨ
살고 있어요
生きています

 

まとめ

  • 韓国語で「-고 있다 ゴ イッタ」は「~している」という意味

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」