【韓国語 文法】語尾の「-만 하다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-만 하다」を解説

韓国語語尾「-만 하다を解説していきます!

TOPIKでは中級レベルの文法になります。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-만 하다」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-만 하다」「~ぐらいだと訳し、物などの大きさが等しいときの説明に使う。

(例)顔の大きさがスイカぐらいだ → 얼굴 크기가 수박만 하다.

 

ポイント②

「-만 하다」の前に来る言葉は名詞のみです。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
プンシラン カバンイ オルママネヨ?
분실한 가방이 멀마만 해요?
紛失したカバンがどれくらいですか?(大きさが)

<2> 
ウリ アドゥリ キガ マニ コジョソ イジェ チョマネヨ
우리 아들이 키가 많이 커져서 이제 저만 해요.
うちの息子が背が高くなって、もう私くらいです。

<3>
パン ノルピヌン イ サムシルマネヨ
방 넓이는 이 사무실만 해요.
部屋の広さはこの事務所くらいです。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「책장 (本棚) / 냉장고(冷蔵庫)」

▼解答例を確認

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-만 하다」「~ぐらいだと訳し、物などの大きさが等しいときの説明に使う。
  • 「-만 하다」の前に来る言葉は名詞のみです。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」