【韓国語 文法】語尾の「-던데」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-던데」を解説

韓国語語尾「-던데を解説していきます!

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-던데」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-던데」「~だったんだよなどと訳し、過去に見たこと、聞いたこと、感じたことを話すときに使います。

「-던데요」「~だったんですよとなります。

(例)かっこよかったよ → 멋있던데

 

ポイント②

「-던데」の前に来る言葉は用言の語幹です。

 

ポイント③

「過去形 + 던데」 と「던데」は次のような違いがあります。

過去形がある場合は、すでに終わったことについてのことで、「~し終わっていたんだよなどと訳す。

過去形がない場合は、終わっていない状態や行動についてのことで、「~だったんだよなどと訳す。

 

ポイント④

「던데」「~だったんだよなどと訳すので、自分のことについては使いません。

(誤りの例)내가 바 먹던데. 私がご飯をたべたんだよ。 ←こうは使いません。

ただし、自分を客観視する場合は、自分にも「던데」を使うことができます。

(例)나도 몰래 밥 다 먹던데. 自分も知らぬうちにご飯全部食べたんだよ。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
モリ チャルケ チャルラドンデヨ
머리 짧게 잘라던데요.
髪を短く切ってたんですよ。

<2> 
キガ ノプドンデヨ
키가 높던데요.
背が高かったんですよ。

<3>
ウェンジャンハン ミイニドンデヨ
굉장한 미인이던데요.
かなりの美人だったんですよ。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「기분(気分) / 좋다(良い)」

▼解答例を確認

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-던데」「~だったんだよなどと訳し、過去に見たこと、聞いたこと、感じたことを話すときに使います。
    「-던데요」「~だったんですよとなります。
  • 「-던데」の前に来る言葉は用言の語幹です。
  • 「過去形 + 던데」 の場合は、すでに終わったことについてのことで、「~し終わっていたんだよなどと訳す。
  • 「던데」「~だったんだよなどと訳すので、自分のことについては使いません。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」