【韓国語 文法】語尾の「-가 되다/-이 되다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法の「이/가 되다」の使い方を解説!

韓国語語尾「-가 되다/-이 되다」を解説していきます!

この文法は、日常会話でかなり使われる基本的な文法なので絶対覚えておいた方がいいです。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-이/가 되다 イ/ガ テダ」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-이/가 되다 イ/ガ テダ」「~になる」という意味になります。

ポイント②

「-이/가 되다」の前に来る言葉は名詞のみになります。

ポイント③

前に来る名詞にパッチムがある場合、「-이 되다」を使う。(例)회사원이 되다. 会社員ではない。

前に来る名詞にパッチムがない場合、「-가 되다」を使う。(例)배우가 되다. 俳優ではない。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
チョヌン ネニョネ フェサウォニ テンミダ
저는 내년에 회사원이 됩니다.
私は来年に会社員になります。

<2> 
チョヌン テハグル チョロッパゴ シンニョンマネ ペウガ テオッソヨ
저는 대학을 졸업하고 십년만에 배우가 되었어요.
私は大学を卒業して10年で俳優になりました。

<3>
ケヌン トジャ ソンゴンヘソ プジャガ テッソヨ
걔는 투자 성공해서 부자가 됐어요.
やつは投資に成功して金持ちになった。

 

まとめ

韓国語の文法「-이/가 되다 イ/ガ テダ」は「~になる」という意味

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」