文法

【韓国語 文法】語尾の「-던」の意味と使い方を解説

2018年10月10日

韓国語文法「-던」を解説

 

韓国語語幹「-を解説していきます!

TOPIKでは中級レベルの文法になります。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を勉強していきます。

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-던」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-던」「~だった、していたなどと訳し、過去の出来事、行動や長い間継続していたことを説明するときに使う。

(例)学校に通っていた娘 → 학교에 다니던 딸.

 

ポイント②

「-던」の前に来る言葉は用言の語幹

 

ポイント③

また、名詞を修飾して「던+名詞」の形で使う。

 

 

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
チョディンイドン アイガ ボルソ テハッセンイラニ
초딩이던 아이가 벌써 대학생이라니.
小学生だった子供がもう大学だなんて。

<2> 
ウリドンネエソ チェイル イェプドン サラミエヨ
우리 동내에서 제일 예쁘던 사람이에요.
地元で一番きれいだった人です。

<3>
チェ ナンピョヌン イェンナルプット タラタニドン サラミンミダ
제 남편은 옛날부터 따라다니던 사람입니다.
私の夫は昔から付きまとっていた人です。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「지각(遅刻) / 많다 (多い) / 학생(学生)」

[wpex more="▼解答例を確認" less="▲閉じる"]チガギ マンドン ハクセンイエヨ
지각이 많던 학생이에요.
遅刻が多かった学生です。[/wpex]

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-던」「~だった、していたなどと訳し、過去の出来事、行動や長い間継続していたことを説明するときに使う。
  • 「-던」の前に来る言葉は用言の語幹
  • また、名詞を修飾して「던+名詞」の形で使う。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 


-文法
-

© 2020 コリアブック