「何かあった?」を韓国語で何という?質問するときに使えるフレーズ解説

スポンサーリンク

 

「何かあった?」を韓国語で何という?質問するときに使えるフレーズ解説

何かあった」を韓国語で何というでしょうか?

これは質問するときに使えるフレーズですよね。

意味や使い方が理解し、日常生活で使えるようになるためにいろいろな例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜびご覧ください。

スポンサーリンク

 

「何かあった?」を韓国語で何という?

ムスン イル イッソ
무슨 일 있어?

といいます。

무슨(ムスン)」が「」、「(イル)」が「」、「있어?(イッソ)」が「ある?」という意味です。

これらをつなげて直訳すると「何事がある?」となりますが、少し不自然ですよね?

ポイントは、「(イル)」を訳さないこと。それから、「あった?」と過去形での質問ですが、韓国語ではたった今おきたことについては現在形を使います。

昨日の出来事など、明らかに過去の話を刷る場合は、韓国語でも過去形をつかいます。

있어?(イッソ)」の過去形は「있었어?(イッソッソ)」なので、この場合は「무슨 일 있었어?(ムスン イル イッソッソ)」となります。

 

やさしく、「何かあったの?」というときは

ムスン イル インニ
무슨 일 있니?

といいます。

語尾の「-니?(ニ)」を使うと優しい口調、親しみのある口調になります。

 

それでは丁寧に「何かありましたか?」はどのようにいうでしょうか?

「何かありましたか?」を韓国語で何という?

ムスン イル イッソヨ
무슨 일 있어요?

といいます。

また、韓国語には丁寧語が2種類あるので、次の言い方もあります。

ムスン イル イッスンミカ
무슨 일 있습니까?

です。

どちらも同じ意味ですが、-있어요?」より「-있습니까?」の方がより丁寧になります。

日常会話では「-있어요?」の方をよく使います。

-있습니까?」は文章やスピーチ、かしこまった場所での会話などで使います。

丁寧語についてはこちらの記事もご参考ください。

 関連記事  韓国語の丁寧語【아요 アヨ / 어요 オヨ / 여요 ヨヨ】を解説!

 関連記事  韓国語の丁寧語【ㅂ니다 ムニダ / 습니다 スムニダ】を解説!

 

さらに丁寧に「何かございましたか?」はどういうでしょうか?

「何かございましたか?」を韓国語で何という?

ムスン イル イッスセヨ
무슨 일 있으세요?

または

ムスン イル イッスシンミカ
무슨 일 있으십니까?

といいます。

この2つの違いは、丁寧語の-있어요?」と「-있습니까?の違いと同じく、

-으세요(ウセヨ)」は主に日常会話で使い、「-으십니까(ウシンミカ)」は文章やスピーチ、かしこまった場所での会話などで使います。

韓国語の尊敬語についてはこちらをご参考ください。

 関連記事  韓国語の尊敬語について解説

そのほかの関連表現

何かあったみたいだ」は

ムスン イル インナバ
무슨 일 있나 봐

といいます。

語尾の「나 보다(ナアポダ)|~みたいだ」を使った表現です。

 

どうしたの?」は

ウェ グレ
왜 그래?

といいます。

または왜 이래?(ウェ イレ)」も同じ意味です。

付け加えて使う言葉

▼ いったい
いったい何かあった?
ドデチェ ムスン イル イッソ
도대체 무슨 일 있어?

▼ 
今、何かあった?
チグム ムスン イル イッソ
지금 무슨 일 있어?

▼ さっき
さっき、何かあった?
アッカ ムスン イル イッソ
아까 무슨 일 있어?

▼ 昨日
昨日、何かあった?
オジェ ムスン イル イッソ
어제 무슨 일 있었어?

回答に使う言葉

▼ 大丈夫。心配しないで。
ケンチャナ コッチョンハジマ
괜찮아.걱정하지마.

▼ いや、何もなかったよ。
アニ アム イルド オプソ
아니,아무 일도 없어.

 大変なことになった。
クニル ナッソ
큰일 났어.

まとめ

何かあった?」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「何かあった?」は「무슨 일 있어?(ムスンイルイッソ)」
・「何かありましたか」は「무슨 일 있어요?(ムスンイルイッソ)」または「무슨 일 있습니까?(ムスンイルイッスンミカ)」
・「何かございましたか」は「무슨 일 있으세요?(ムスンイルイッソ)」または「무슨 일 있으십니까?(ムスンイルイッスシンミカ)」

今回説明したフレーズはよく使う言葉だけにしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

>> 戻る <<

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」