文法

韓国語文法の語尾【-과 달리/-와 달리】の意味と使い方を解説

2019年9月3日

韓国語文法の語尾【-과 달리/-와 달리】の意味と使い方を解説

 

韓国語文法の語尾-과 달리/-와 달리」を詳しく解説していきます。

意味と使い方が理解できるようによく使う例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜひご覧ください。

 

韓国語文法の語尾「-과 달리/-와 달리」とは?

クァ タルリ / ワ タルリ
-과 달리/-와 달리
~に反して、~と違って

▼意味

 「-과 달리/-와 달리」は「~に反して、~と違って」などと訳し、前の考えや希望、予想などと違うことを説明すときに使う語尾。

▼使い方

「 名詞  과 달리 / 와 달리 」

【前に来る単語】
 前に来る単語は名詞のみ。

【語尾】
 「-과 달리」・・・前に来る単語がパッチムのある名詞の場合
 「-와 달리」・・・前に来る単語がパッチムのない名詞の場合

 

具体例な使い方の例

▼名詞

발언(パロン)|発言

→ 「발언과 달리(パロンクァ タルリ)|発言に反して

使い方がわかる例文

<1> 予想に反して、お客がたくさん来た。
イェサンクァ タルリ ソンイミ マニ ワッタ
예상과 달리 손님이 많아 왔다.

<2> 天気予報に反して、今日は天気がよくない。
イルギイェボワ タルリ オヌルン ナルシガ アン チョッタ
일기예보와 달리 오늘은 날씨가 안 좋다.

<3> 子供は親の期待に反して、行動するものだ。
アイヌン プモエ キデワ タルリ ヘンドンハヌン ゴシダ
아이는 부모의 기대와 달리 행동하는 것이다.

まとめ

語尾「-과 달리/-와 달리」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

まとめ

・「-과 달리/-와 달리」は「~に反して、~と違って」などと訳します。
・「名詞」+「-과 달리/-와 달리」の形で使います。

よく使う語尾なのでしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

前へ 戻る[一覧] 次へ

 


-文法

© 2020 コリアブック