【韓国語 文法】語尾の「-잖아요」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-잖아요」を解説

韓国語語尾「-잖아요」を解説していきます!

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、

例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-잖아요」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-잖아요」「~じゃないですかという意味で、

聞き手に既に知っている事を思い出させるときに使います。

(例)さっき言ったじゃないですか。 아까 말했잖아요.

 

ポイント②

「-잖아요」の前に来る言葉は用言の語幹です。

 

ポイント③

「있잖아요」は「あるじゃないですか」と訳すのではなく、「あのね」と訳した方が自然。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
チャル アルジャナヨ
잘 알잖아요.
よく知ってるじゃないですか。

<2> 
ノド クッテ コギ イソッチャナ
너도 그때 거기 있었잖아.
おまえもその時そこにいたじゃない。

<3>
クゴル カッコシプタ ヘッチャナヨ
그걸 갖고 싶다 했잖아요.
それを欲しいといったじゃないですか。

<4>
ティミョン ヒンドゥルジャナヨ
뛰면 힘들잖아요.
走ったら疲れるじゃないですか。

<5>
コピショブン ハッキョ パロ ヨップチャナ
커피숍은 학교 바로 옆잖아.
カフェは学校のすぐ横じゃない。

 

まとめ

韓国語の文法「-잖아요」「~じゃないですかという意味で、

聞き手に既に知っている事を思い出させるときに使います。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)