【韓国語 文法】語尾の「-거나」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

 

韓国語文法「거나」を解説

韓国語語尾「-거나」を解説していきます!

この文法は、韓国語能力試験(TOPIK)のⅡ(中級・上級)の第52回の聞取りで出題されています。

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-거나」とは?

 

 

ポイント①

韓国語の文法「-거나」「~たりという意味で、動作や状態の並列を表します。

(例)飲んだり食べたり 마시거나 먹거나

ポイント②

韓国語の文法「-거나」「~だろうが、~でもという意味で、前につく言葉が重要でなかったり、関係ないことを表します。

(例)何をしようが私には関係ない 뭘 하거나 나한테 상관없다

ポイント③

「-거나」の前に来る言葉は用言の語幹です。

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
シガニ イッスルテヌン チェグル イッコナヘヨ
시간이 있을 때는 책을 읽거나 해요.
時間があるときは、本を読んだりします。

<2> 
ハングゴコンブヌン トッッコナ イッコナ モドゥンジ ヨルシミ ヘヤデヨ
한국어공부는 듣거나 읽거나 뭐든지 열심히 해야돼요.
韓国語の勉強は聞いたり読んだりなんでも一生懸命しないといけません。

<3>
ピガ オゴナ マルゴナ コッ カンミダ
비가 오거나 말거나 꼭 갑니다.
雨が降ろうが降らまいが、必ずいきます。

 

まとめ

  • 韓国語の文法「-거나」「~たりという意味で、動作や状態の並列を表します。
  • また、「~だろうが、~でもという意味で、前につく言葉が重要でなかったり、関係ないことを表します。

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」