単語

「多い」の韓国語は?ハングル「많다(マンタ)」の意味と使い方を解説!

2019年9月24日

「多い」の韓国語は?ハングル「많다(マンタ)」の意味と使い方を解説!

 

多い」を韓国語で何というでしょうか?

これは、「人が多い」、「経験が多い」など日常生活でよく使う言葉です。

意味や使い方を理解できるように例文を用いて詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読み進めてお役立てください。

 

単語概要

原形

マンタ
많다

【意味】
 ・多い

 ポイント①  많다は形容詞で、活用があります。

 ポイント②  は、子音語幹陽語幹にあたります。

語幹活用を考える上で大事なポイントです。わからない方はリンク先の解説をチェックしてください。

ここではよく使う活用として、丁寧語、尊敬語、過去形、否定形、現在進行形などをご紹介します。

その他の活用については語尾一覧をご参考ください。

【反対語】
 ・적다(チョッタ) 少ない

現在形

▼丁寧語
많습니다(マンスンミダ)
多いです

▼親しみを込めた丁寧語
많아요(マナヨ)
多いです

▼タメ口
많아(マナ)
多いよ

ポイント

韓国語は、会社などかしこまった場所やスピーチなど使う丁寧語と親しい間柄の目上の人やお店などで店員がよく使ったりする親しみを込めた丁寧語があります。
丁寧語についてこちらの記事で詳しく解説しています。

 参考①  韓国語の丁寧語【아요 アヨ / 어요 オヨ / 여요 ヨヨ】を解説!
 参考②  韓国語の丁寧語【ㅂ니다 ムニダ / 습니다 スムニダ】を解説!

尊敬語

▼原形
많으시다(マヌシダ)
多い

▼尊敬語
많으십니다(マヌシンミダ)
多いです

▼親しみを込めた尊敬語
많으세요(マヌセヨ)
多いです

ポイント

日本語の場合、形容詞の尊敬語はあまりつかいませんが韓国語ではよくつかいます。
尊敬語なので、相手を持ち上げるときの表現ですが、日本語ではぴったり合ように訳すと不自然になるので簡単な訳にしています。
それから尊敬語も現在形と同じように韓国語では2種類あります。
尊敬語についてこちらの記事で詳しく解説しています。

 参考  韓国語の尊敬語について解説!

過去形

▼原形
많았다(マナッタ)
多かった

▼丁寧語
많았습니다(マナッスンミダ)
多かったです

▼親しみを込めた丁寧語
많았어요(マナッソヨ)
多かったです

▼タメ口
많았어(マナッソ)
多かったよ

▼尊敬語
많으셨습니다(マヌショッスンミダ)
多かったです

▼親しみを込めた尊敬語
많으셨어요(マヌショッソヨ)
多かったです

 参考  韓国語の過去形について解説

否定形

▼原形
많지 않다(マンチ アンタ)
안 많다(アン マンタ)
多くない

ポイント

韓国語の否定形は2種類あります。
後ろに「지 않다」をつける場合は主に文章で使い、前に「」をつける場合は主に会話で使います。

また、そもそも反対の意味のある言葉がある場合は普通はその反対の言葉を使います。
많다に対して적다少ない)という単語がありますので普通は많지 않다というよりストレートに적다をよく使います。

▼丁寧語
많지 않습니다(マンチ アンスンミダ)
안 많습니다(アン マンスンミダ)
多くありません

▼親しみを込めた丁寧語
많지 않아요(マンチ アナヨ)
안 많아요(アン マナヨ)
多くありません

▼タメ口
많지 않아(マンチ アナ)
안 많아(アン マナガ)
多くないよ

▼尊敬語
많지 않으십니다(マンチ アヌシンスンミダ)
안 많으십니다(アン マヌシンミダ)
多くあられません

▼親しみを込めた尊敬語
많지 않으세요(マンチ アヌセヨ)
안 많으세요(アン マヌセヨ)
多くあられません

疑問形

▼丁寧語
많습니까?(マンスンミカ)
多いですか?

▼親しみを込めた丁寧語
많아요?(マナヨ)
多いですか?

▼タメ口
많아?(マナ)
多いの?

▼尊敬語
많으십니까?(マヌシンミカ)
多いですか?

▼親しみを込めた尊敬語
많으세요?(マヌセヨ)
多いですか?

 

使い方がわかる例文

<例文1> 人が多い。
サラミ マンタ
사람이 많다.

<例文2> 経験が多い。
キョンホミ マンタ
경험이 많다.

<例文3> その間にたくさんのことがありました。
クトンアン マヌン イリ イソッソヨ
그동안 많은 일이 있었어요.

<例文4> 多すぎます
ノム マナヨ
넘 많아요.

<例文5> 口数が多い。
マリ マンタ
말이 많다.

最後に

以上、色々な言い方や使い方を例文をあげながら解説しましたが、意味と使い方は理解できましたでしょうか?

많다は日常生活でもよく使う言葉です。ぜひ使ってみてくださいね。

それでは~

pairs

【戻る】

 


-単語
-

© 2020 コリアブック