【韓国語 文法】語尾の「-ㄹ까 하다/-을까 하다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「ㄹ까 하다」を解説

韓国語語尾「-ㄹ까 하다/-을까 하다」を解説していきます!

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-ㄹ까 하다/-을까 하다」とは?

 

ポイント①

韓国語の文法「-ㄹ까 하다/-을까 하다」は計画や意志を柔らかく表現するときに使い「~しようかと思います」と訳します。

ポイント②

「-을/ㄹ까 하다」の前に来る言葉は動詞の語幹です。

ポイント③
  • 前に来る動詞が母音語幹、ㄹ語幹の場合、「-ㄹ까 하다」を使う。
    (例)가다(行く)→갈까 하다、알다(知る)→알까 하다
  • 前に来る動詞が子音語幹の場合、「-을까 하다」を使う。
    (例)먹다(食べる)→먹을까 하다

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
アイガ ぺ アプダゴ ハニカ ヤギラド サオルカヘヨ
아이가 배 아프다고 하니까 약이라도 사 올까 해요.
子供がお腹が痛いというから、薬でも買って来ようかと思います。

<2> 
アイガ ペゴプダゴハニカ スンドゥブチゲラド マンドゥルカヘヨ
아이가 배고프다하니까 순두부찌개라도 만들까 해요.
子供がお腹すいたというから、スンドゥブチゲでも作ろうかと思います。

<3>
ペ アン コプジマン キンパビナ モグルカヘヨ
배 안 고프지만 김밥이나 먹을까 해요.
お腹はすいていないけど、キンパプでも食べようと思います。

 

まとめ

韓国語の文法「-을/ㄹ까 하다」は計画や意志を柔らかく表現するときに使い「~しようかと思います」と訳します。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」