【韓国語 文法】語尾の「-ㄹ 지경이다/-을 지경이다」の意味と使い方を解説

スポンサーリンク

韓国語文法「-을/ㄹ 지경이다」を解説

この文法は、韓国語能力試験(TOPIK)のⅡ(中級・上級)の第52回の聞取りで出題されています。

基本的な文法で日常会話でもよく使います。

どういう意味か?前にくる言葉が変形するパターンがあるか?を確認し、例文を見ながら使い方を理解していきましょう!

それでは一緒に見ていきましょう!

 

韓国語の文法「-을/ㄹ 지경이다」とは?

ポイント①

韓国語の文法「-을/ㄹ 지경이다」は、「~するくらいだ」「~しそうだ」という意味です。

(例)죽을 지경이다 死にそうだ。

 

ポイント②

「-을/ㄹ 지경이다」の前に来る言葉は動詞の語幹です。

 

ポイント③
  • 前に来る言葉が母音語幹、ㄹ語幹の場合、「-ㄹ 지경이다」を使う。
    (例)가다(行く)→갈 지경이다、알다(知る)→알 지경이다
  • 前に来る言葉が子音語幹の場合、「-을 지경이다」を使う。
    (例)먹다(食べる)→먹을 지경이다

 

スポンサーリンク

 

それでは例文をみてみましょう!

例文

<1>
スミ マキル チギョンイダ
숨이 막힐 지경이다.
息がつまりそうだ。

<2> 
ハルイリ マナソ ヌニ トル チギョンイダ
할일이 많아서 눈이 돌 지경이다.
やることが多くて目がまわりそう。

<3>
ハングゴシホム センガッカミョン ミチル チギョニダ
한국어시험 생각하면 미칠 지경이다.
韓国語試験を考えると気が狂いそうだ。

 

まとめ

韓国語の文法「-을/ㄹ 지경이다」は、「~するくらいだ」「~しそうだ」という意味です。

 

前へ 戻る[一覧] 次へ

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」