単語

韓国語の「형 ヒョン【お兄さん】」を解説!〈TOPIK初級単語〉

2018年5月11日

韓国語単語「형」を解説

 

韓国語ヒョンとはどういう意味でしょうか?

TOPIK初級レベルの単語です。

単語の基本、関連単語、単語を使った例文をご紹介します。

それでは一緒に見ていきましょう!

 

単語概要

 

単語

형 ヒョン お兄さん、兄

 

 

品詞

名詞

 

 

発音

형 ヒョン

 

 

TOPIKレベル

初級

 

漢字語 or 固有語

固有語

 

同音異義語



 

韓国では「女性が年上の男性に対して兄さん」というときと、「男性が年上の男性に対して兄さん」というときで使う単語が違うよ。

 

「ヒョン(형)」というのは「男性が年上の男性に対して兄さん」というときに使います。

逆に「女性が年上の男性に対してお兄さん」というときは「오빠(オッパ)」といいます。

 

韓国で「ヒョン」はよく使う?

韓国では、この「兄」、「兄さん」と呼ぶのは実の兄弟以外にも親しい間柄であれば他人でも頻繁に使います。

日本では「兄さん」というと「実の兄」をイメージするのがほとんどじゃないでしょうか。

あなたが男性で年下の韓国人の男性と親しくなると「ヒョン」とよばれます。

じゃあ実の兄との区別は

「実の兄」は「친오빠(チンオッパ)」という言い方をして区別します。

「친(チン)」は漢字で書くと「親」です。親族の親ですね。

 

また「형」のあとに「님(ニム)」(様)をつけて「형님(ヒョンニム)」(兄さま)と使う場合もあります。

なんだか任侠ものっぽい感じもありますが、普段でもたまに呼ぶ韓国人もいます。

なんか「様」つきで呼ぶのって、すごい偉い感じがしますが、韓国は結構出てきます。

「先生」も「선생님(ソンセンニム)」といったり、医者を「의사님(ウィサニム)」といいますからね。

 

で、この他人でも「兄さん」というシステムなんですが、

1歳年が違うだけでも「兄さん」という、または言われることになります。

当たり前と言えば当たり前なのですが。

韓国では「初対面でもまず年齢を聞く」文化があります。

それは、年齢を聞くことで自分が年上か年下かと判断するためです。

年下なら年上の人に対して敬語を使わなければいけない、

反対なら相手が自分に対して敬語を使わなければいけないという確認をして、

確認がおわったら「自分が兄さんだな」もしくは「自分が弟ですね」という風に「兄」なのか「弟」になるのかという確認をします。

そして親しくなると「〇〇兄さん」といった感じに呼ぶようになります。

日本だと相手の年齢を聞くのってまずないですよね。

明らかに見た目が年上ならいいですが、同じくらいかな?と思いながらもなかなか聞かない。

だからお互いずっと敬語を使うのが多いんじゃないでしょうか。

人との距離を縮めるのが上手な韓国文化はこんなところにもあらわれていますね

 

関連単語〈類義語・複合語〉

類義語

친형   チンヒョン     実の兄
가형   カヒョン      実の兄
형님   ヒョンニム     お兄様

 

複合語

特になし

 

 

 

例文

<1>
ウリ ヒョンウン チンチャ チャル センギョッタ
우리 형은 진짜 잘 생겼다.
兄さんはほんとうにかっこいい。

<2> 
アイガ テオナソ ヒョンイ テッタ
아기가 태어나서 형이 됐다.
赤ちゃんが生まれて、兄になった。

<3>
ヒョン、サジュセヨ
형,사주세요.
兄さん、おごってください。

 

おさらい問題

<1>次の単語を使って文章を作ってください。

「형(兄さん) / 농구(バスケ) / 잘하다(上手だ)」

ヒョンウン ノング チャレ
형은 농구 잘해.
兄さんバスケがうまい。

 

最後に

いかがでしたか?

「ヒョン」、よく使う単語なので必ず覚えておきたいですね。

他の家族の呼び名はこちらでまとめています。

それでは~!

 


-単語
-, ,

© 2020 コリアブック