「何歳ですか?」を韓国語で何という?質問するときに使えるフレーズ

スポンサーリンク

 

「何歳ですか?」を韓国語で何という?質問するときに使えるフレーズ

何歳ですか」を韓国語で何というでしょうか?

これは質問するときに使えるフレーズですよね。

意味や使い方が理解し、日常生活で使えるようになるためにいろいろな例文を用意しました。

最後まで読み進めると理解も深まりますので、ぜびご覧ください。

スポンサーリンク

 

「何歳ですか?」を韓国語で何という?

ミョッサリエヨ
몇살이에요?

といいます。

몇살(ミョッサル)」が「何歳」、「-이에요?(イエヨ)」が「~ですか?」という丁寧語の語尾です。

また、韓国語には丁寧語が2種類あるので、次の言い方もあります。

ミョッサリンミカ
몇살입니까?

です。

どちらも同じ意味ですが、

-이에요?」より「-입니까?」の方がより丁寧になります。

日常会話では「-이에요?」の方をよく使います。

-입니까」は文章やスピーチ、かしこまった場所での会話などで使います。

丁寧語についてはこちらの記事もご参考ください。

関連記事:韓国語「名詞 + です 」【입니다 イムニダ】【이에요/예요 イエヨ/エヨ】を解説!

 

それではさらに丁寧に「お歳はいくつですか?」とはどのように言うでしょうか?

「お歳はいくつですか?」を韓国語で何という?

ヨンセガ オトッケ テセヨ
연세가 어떻게 되세요?

といいます。

연세」は「」を意味する「나이(ナイ)」の尊敬語、「어떻게」は「どのように」、되세요」は「なられますか」という意味です。

直訳すると回りくどい言い方ですが、初対面などではかなりよく使うフレーズです。

몇살입니까?」も丁寧な表現ではありますが、初対面では特に丁寧に尊敬語を含め、「연세가 어떻게 되세요?」と聞くのが一般的です。

韓国語の尊敬語についてはこちらをご参考ください。

関連記事:韓国語の尊敬語について解説

 

それでは、タメ口で「何歳?」とは何というでしょうか?

「何歳?」を韓国語で何という?

ミョッサル
몇살?

といいます。

または、後ろの語尾に「-이야(イヤ)」をつけて「몇살이야?(ミョッサリヤ)」とつけても同じ意味です。

 

何歳だ?」と強めの言葉でいう場合はどのようにいうでしょうか?

「何歳だ?」と強めの言葉では何という?

ミョッサリニャ
몇살이냐?

といいます。

-이냐(イニャ)」疑問文で使う語尾で、目下の人に使うときなど強い口調になります。

 

逆に「何歳なの?」と優しい口調でいう場合はどのようにいうでしょうか?

「何歳なの?」と優しい口調では何という?

ミョッサリニ
몇살이니?

といいます。

語尾に「-이니(イニ)」を使うと優しい口調、親しみのある口調になります。

「何歳だろう?」と独り言でいう場合は何という?

ミョッサリジ
몇살이지?

といいます。

語尾に「-이지(イジ)」を使うと推量の意味があり、独り言を言うときなどはこの言い方を使います。

使い方がわかる例文

<1> あなたは何歳ですか?
タンシヌン ミョッサリエヨ
당신은 몇살이에요?

<2> あの人は何歳だろう?
チョサラム ミョッサリジ
저사람 몇살이지?

<3> 平均年齢は何歳ですか?
ピョンギュン ヨルリョンイ ミョッサリインミカ
평균 연령이 몇살입니까?

年齢を答えるときの例文

<1> 20歳です。
スムサリエヨ
스무살이에요.

<2> 25歳です。
スムルタソッサリエヨ
스물다섯살이에요.

<3> 30歳です。
ソルンサリエヨ
서른살이에요.

<4> 40歳です。
マフンサリエヨ
마흔살이에요.

<5> 50歳です。
シンサリエヨ
쉰살이에요.

<6> 60歳です。
イェスンサリエヨ
예순살이에요.

<7> 70歳です。
イルフンサリエヨ
일흔살이에요.

<8> 80歳です。
ヨドゥンサリエヨ
여든다섯살이에요.

補足

韓国語の数字の数え方についてはこちらをご参考ください。

 参考  韓国語の数字の数え方を完全解説【まとめ】

まとめ

何歳ですか?」について、関連する例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

それではまとめです。

・「何歳ですか?」は「몇살이에요?(ミョチリエヨ)」または「몇살입니까?(ミョチリンミカ)」
・「お歳はいくつですか?」は「연세가 어떻게 되세요?(ヨンセガ オトッケテセヨ)」
・「何歳」は「몇살?(ミョチル)」または「몇살야?(ミョチリヤ)」
・「何歳だ?」は「몇살냐?(ミョチリニャ)」
・「何歳なの?」は「몇살니?(ミョチリニ)」
・「何歳だろう?」は「몇살지?(ミョチリジ)」

今回説明したフレーズはよく使う言葉だけにしっかりと覚えて、ぜひ日常会話でも使ってみてくださいね。

それでは~

 💡 戻る 💡 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」