STOP!目だけ勉強。耳と口での勉強が韓国語スピーキング成長の鍵!

スポンサーリンク

 

 

STOP!目だけ勉強。耳と口での勉強が韓国語スピーキング成長の鍵!

韓国語を勉強中のあなた!

声に出して覚えていますか?

 

韓国語を含め、語学で重要なポイントは、ぱっと話せるかどうかです。

考えてみてください。

旅行で韓国にいったとき、お店の人に韓国語で

「あにょはせよ」

「これいくらですか?」

「じゃあ1つください」

と会話をする。

すると、お店の人がきっと

「あなた韓国語上手ね」といってくれる。(はず。)

 

もし、あなたが韓国企業に入りたいとして、韓国語で面接をする。

その時にぱっと韓国語がでてくるかがすごく重要です。

 

あなたが、どんなに時間をかけて韓国語を勉強しても、それが読み書きだけの勉強、もっと言えば耳や口を使わず目だけの勉強をしていたとしても、一瞬の会話で韓国語の実力が判断されてしまいます

 

これは、やばい。

一生懸命勉強して韓国語の知識があるのに、一瞬の会話がぱっとでてこないと韓国語は下手と思われてしまう。

せっかく勉強したのが、水の泡とまではいかなくても、なんだか残念ですよね。

韓国語勉強する理由って誰かと会話がしたいのが1番ですよね。

会話でなくても、話してる内容を理解したいとか。

 

翻訳などの仕事は例外ですよ。

韓国のニュースなんかを見て、日本で報道したりとか、本の翻訳したりとか。

これらは目だけの勉強でも十分できる。

 

問題は、韓国語で会話したり、ドラマや映画みたり、人の話を聞いたり、それらで使うのは耳と口です。

 

だから、耳と口で勉強することが大事なんです。

 

韓国語スキーピングを成長させるカギは耳と口の勉強

耳で勉強する方法について

amazon audibleって知ってますか?!

amazonが提供しているオーディオブックです。

オーディオブックって本を朗読してくれるので、耳で読むことができるものです。

 

何がすごいって、手がふさがっているときでも耳で勉強できちゃうんです。

歩いているとき、家事をしているときなど「ながら読書」が可能です。

 

そして、歩きながらの勉強が効率的って知ってますか?

京都の東山の地区に哲学の道っていう有名な観光地があるんですが、お偉い哲学者の方が歩きながら考えた場所というのが由来です。

歩きながら考えるって、効率的なんですね。

2014年のスタンフォード大学の研究でも証明されているそうです。

 

じっと座っているよりも動きながら勉強した方が脳がよく動くそうです。

歩きながら本は読めないですね。

歩きスマホする人がいますが、事故者も年々増えてきてるそうですし。

そういう意味でもありそうでなかった画期的なサービスです。

もちろん、韓国語の本もありますよ。

レベルは初級~中級といった感じの本が多いようです。

 

去年の下半期時点で全体の本数が20万程度だったのに、現在では40万まで増えているので、今後も増えていくんじゃないでしょうか。

amazonがかなり力を入れているそうです。

最初の1冊は無料なのでぜひお試しください。

え、知らないの?!オーディオブックで韓国語を聴くと楽に勉強できるよ!

2019年1月10日

 

そう、これが耳で勉強する方法だとして、

じゃあ、口で勉強はどうするか?

口で勉強する方法

ある程度、韓国語の知識があるのに話せないと悩んでいる方は、特に口を使うトレーニングが必要です。

とはいえ、むやみやたらに韓国語を口ずさむのも具合がわるい。

そんな方におすすめなのが、こちら↓

内容紹介の引用

文法はひと通りやった。簡単な韓国語は読める。でもなかなか口から韓国語が出てこない方に。付属CDで2時間超、実用的な作文問題を出します。本書の600例文でトレーニングすれば、条件反射で口から韓国語が出てくるようになる。LINE、Facebook、アップロードなど、時代に合わせた単語や例文を盛り込んだ書き下ろし。

 

スラスラと口から出てこないのは、言葉を毎回頭の中で翻訳をする習慣があるため、時間がかかっていることが原因です。

韓国語で会話をするとき、韓国語⇒日本語⇒韓国語、というように韓国語で聞いた言葉を一旦日本語に翻訳し、日本語で文章を考えて、それを韓国語に翻訳して話すという風にすることで、翻訳に時間がかかり、言葉がスラスラでてきません。

そうではなく、条件反射で会話をする。

韓国語⇔韓国語、というように韓国語で聞いた言葉は日本語に訳さずにそのまま韓国語で回答することで会話のスピードがアップします。

この本はその手助けとなります。

 

口で勉強できる環境がない場合

口で勉強するのは重要なことはわかるけど、口ずさむと周りにも気をつかうし、そんな環境がないという方。

また、正直、下手な発音を人に聞かれるのって恥ずかしい方。

よく上達するには恥ずかしがるな!とかいう人がいますが、いやそんなことで照れがなくなるなら、苦労はせんよ!

ですよね?

かといって、1人で話すのもなかなか続かない。

そういう場合は、頭の思考を韓国語にかえる方法をおすすめします

 

これ、「単語は覚えるな!韓国語単語を簡単に暗記する秘訣!」という記事でも書いたんですが、

人間って1日に6万もの思考をしているそうなんです。

普通それが日本語なので、それをできる限り韓国語へおきかえましょう。

という話です。

頭で思考することと口で言葉を発することってニアリーイコールですよね。

ほとんど同じ。

 

そうすると当然、韓国語へ変換できないわからない単語がでてくる。

そんなときは「LINE韓国語翻訳」。

LINEのトークルームで検索すると出てくるんですが、これで日本語で文章を打つと韓国語で返事として翻訳してくれるんですよ。

いちいちネットで翻訳するより断然楽ですよね!

 

そうすることで、単語も覚えられるし一石二鳥。

普段生活の中で使ってる単語って大体同じじゃないですか?

だから、何度も同じ韓国語がでてくるので、自然と復習までできちゃう。

 

まとめ

語学は教科書やテキストを開いて目で勉強するだけで見につくものではありません。

目だけではなく、耳や口でも勉強することが、上達の鍵になっています。

 

耳で勉強するためにオススメなのでamazon audible

口で勉強するためにオススメなのは、「口が覚える韓国語」。

また、口で勉強する環境が無いという方は、思考を日本語から韓国語にかえて勉強。

 

耳と口を鍛えることで、ぱっと韓国語がでてくるかっこいい人になれるはず!

以上、参考になりましたでしょうか?

それでは~!

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)