あいうえお(五十音)ー韓国語(ハングル)《すぐわかる対応表》

スポンサーリンク

 

あいうえお(五十音)ー韓国語(ハングル)《すぐわかる対応表》

日本語の五十音あいうえお)と韓国語ハングル)の対応表になります。

韓国語にない言葉、日本独自の言葉をハングルで表記するために役立ちます。

例えば、日本の地名や氏名。

やまだ → 야마다

とうきょう → 도쿄

その他、日本語の文字をそのまま韓国語でおきかえる場合に下記の表をご参考ください。

スポンサーリンク

 

■50音

가/카 기/키 구/쿠 게/케 고/코
다/타 지/치 데/테 도/토
   
   
   
   

■濁音

■半濁音

■拗音

きゃ   きゅ   きょ
   
しゃ   しゅ   しょ
   
ちゃ   ちゅ   ちょ
쟈/챠   쥬/츄   죠/쵸
にゃ   にゅ   にょ
   
ひゃ   ひゅ   ひょ
   
みゃ   みゅ   みょ
   
りゃ   りゅ   りょ
   

■拗音-濁音

ぎゃ   ぎゅ   ぎょ
   
じゃ   じゅ   じょ
   
びゃ   びゅ   びょ
   

■拗音-半濁音

ぴゃ   ぴゅ   ぴょ
   

 

■促音

小さな「っ」で表す日本語を韓国語に置き換える場合は、시옷「ㅅ」を使うことが多い。

(例)がっこう → 갓코우

 

■長音

「ケーキ」など伸ばす音「-」のことです。

「おかあさん」、「おかーさん」など「-」に置き換えることができる音です。

韓国語では長音は表記しません。

(例)大阪(おおさか) → 오사카

 

■補足事項①

そもそもの前提ですが、ハングルを日本語表記することはできません。

ハングルはハングル。日本語は日本語です。

特にオレンジ色で表記した部分の「つ、さじずぜぞ、ぢづ、じゃじゅじょ」。

これらは無理やりハングルにおきかえていますが、正確な発音は日本語では表現方法がないため表すことができません。

「자쥬죠」を「じゃじゅじょ」と表すしかないのですが、ネイティブの韓国人に「자쥬죠」を「じゃじゅじょ」と話すと、100%「発音が違う」と言われます。

韓国の方が「ざじずぜぞ」と「じゃじじゅじぇじょ」の発音の区別が付かないのと同じです。

そもそも発音がないのです。

これは耳で確認するしかありません。

とはいえ、他の文字はほぼ同じ発音なので大体は通じます。

一部、無理やり日本語表記しているところもあるということを頭の片隅にでも置いておいてください。

 

■補足事項②

上の表では「かきくけこ」「たちつてと」「ちゃちゅちょ」はハングル表記が2つありますが、文字の頭に来る場合は左のハングル、それいがいは右側のハングルを使います。

例えば「鹿児島」。

頭にくる言葉は「か」ですね。

これは「가/카」の2つありますが、頭に来る場合は左のハングルなので「가」が正解です。

同じように、「東京」は「도쿄」となります。

これらは、韓国で「カナとハングル対照表」という形で変換するルールが決まっているためです。

日本語の感覚では「토쿄」「도쿄」どちらでも同じ感じですが、韓国で変換ルールが決まってるんですね。

あと「つ」は「쓰」とするのがルールです。

 

■補足事項③

和製英語という言葉があるように、韓国でも英語をそのまま韓国語として使っているものがあります。

例えば「ピーナッツ」。

これは「피넛」と韓国語では表記します。

また、日本語で「ピーナッツ」は「落花生」や「南京豆」と言うことがあるように、韓国語では「땅콩」や「낙화생」という言い方もあります。

「낙화생」は「落花生」の漢字語ですが、「땅콩」は韓国の固有語です。

なので、上のルールに従って「ピーナッツ」をそのまま書くと「피낫쓰」となりますが、こう書くのは間違いです。

「피넛」とするのが正解です。

和製英語に対して韓製英語、コングリッシュなどとも呼ばれる、英語をそのまま韓国語として使ってる言葉は、韓製英語をそのまま使いましょう!

 

■補足事項④

長音「-」に置き換わる言葉は、長音と同様に省略されます。

例えば、「学校」。

ひらがなで書くと「がっこう」ですね。

これは「がっこー」とも書けますよね。

こういう風に長音「-」に置き換わる言葉は韓国語では省略されます。

さきほど例に出した「大阪」もそうです。

「おおさか」は「おーさか」と書けるので、そのまま韓国語で表記した場合は「오오사카」ではなく、「오사카」と書くのが正解です。

「とうきょう」は「とーきょー」と書けるので「토쿄」ですね。

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)