韓国語で「見て」を何という?ハングル「봐( ポァ)」の意味を学ぶ

スポンサーリンク

 

韓国語単語「見て」を解説

韓国語見ては何というか解説します。

「こっち見て」

「ねぇ!見て、見て~!」

「これ、ちょっとみてみて」

など、どのように使われるか紹介します。

スポンサーリンク

 

説明

ポイント①
見て」は、韓国語では「봐(ポァ)」といいます。
一言だけなので簡単ですね!

 

「見て」の原形は「見る」ですが、「見る」の韓国語は「보다」です。

「봐」の発音は、「ㅘ」が「오(オ)」と「아(ア)」の合成母音で「オァ」となりますので、「봐」は「パ」と聞こえますが、「ポァ」という方が正確な発音になります。

 

ポイント②
「見てください」は、韓国語では「봐주세요(ポァジュセヨ)」といいます。

 

ポイント③

「見て~する」という意味で、接続語として「て」を使う場合は、

助詞の「-고」または「-아/어/여서」を使い「보고」または「봐서」となります。

ちなみに、「-고」は完了してから次にうつる、「-아/어/여서」は継続しているニュアンスがあります。

(例)친구 보고 집에 들어갔다. 友達に会って(会った後に)家に帰った。

(例)친구 봐서 같이 차 마셨다. 友達に会って(会った流れで)一緒にお茶を飲んだ。

 

よく使うフレーズ

 

こっち見て

ヨギ ボァ
여기 봐.

ねぇ!見て、見て~!

チョギ ポァバァ
저기 봐봐~.

これちょっと見てみて

イゴ チョム ポァボァ
이거 좀 봐봐.

してみて

ヘボァ
해봐.

みておく

ポァ トゥダ
봐 두다.

おい

ヨボァ
여봐.

 

まとめ

  • 見て」は、韓国語では「봐(ポァ)」といいます。
  • 「見てください」は、韓国語では「봐주세요(ポァジュセヨ)」といいます。
  • 「見て~する」という意味で、接続語として「て」を使う場合は、助詞の「-고」または「-아/어/여서」を使い「보고」または「봐서」となります。

【戻る】

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」