【韓国語単語】「1、2、3」は何というか解説!ハングルの数字を学ぼう

スポンサーリンク

 

韓国語単語「123」を解説
韓国語で「1、2,3」は何というの?
韓国語の数字の数え方は大きく2種類あるよ。

単に数字を読み上げるときは「1(いち)、2(に)、3(さん)・・」ですが、

物の数を数えるときは「1つ(ひとつ)、2つ(ふたつ)、3つ(みっつ)・・・」となりますね。

場合によって違う数字の読み方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

韓国語で「123」は何というか?

韓国語では数字の言い方が大きく2種類あります。

1つは「いち、に、さん・・・」という言い方。これを「漢数詞」といいます。

もう1つは「ひとつ、ふたつ、みっつ・・・」という数え方。これは「固有数詞」といいます。

 

漢数詞の「いち、に、さん・・・」は、「イル(일)、イ(이)、サム(삼)といいます。

固有数詞の「ひとつ、ふたつ、みっつ・・・」は、「ハナ(하나)、トゥル(둘)、セッ(셋)といいます。

 

この使い分けですが、基本は日本語と一緒と考えればいいですが、数える単位によって漢数詞、固有数詞が日本語と違う場合があるので注意が必要です。。

これは、例えば、「1時」を韓国語でなんというでしょうか?

「いち」は「イル(일)」、「時」は韓国語で「シ(시)」なので、「일시」。

ではないんですよね。

「1時」は「ハンシ(한시)」といいます。

「え、하나でもない・・」ってなりますよね。

実は固有数詞は後ろに単位が付く場合、「ハン(한)、トゥ(두)、セ(세)と数えます。

 

そしてさらに!後ろに単位がある場合といいましたが、単位の前にくる数字は、漢数詞の場合と固有数詞の場合があり、単位によってかわる規則があります。

どういうこと?

 

例えば、「~人前」という場合、韓国語では「~インブン(인분)」と訳しますが、「1人前」は「イリンブン(일인분)」です。

一方で「~名」という場合、韓国語では「~ミョン(명)」と訳しますが、「1名」は「ハンミョン(한명)」です。

 

一旦、ここでまとめると、

  • 「いち、に、さん・・・」は、「イル(일)、イ(이)、サム(삼)で、これを漢数詞といいます。
  • 「ひとつ、ふたつ、みっつ・・・」は、「ハナ(하나)、トゥル(둘)、セッ(셋)で、これを固有数詞といいます。
  • 「1時」「1名」「1人前」のように「数字+単位」となる場合、漢数詞か固有数詞かは使われる単位によって規則で決まっている。
  • また、「数字+単位」となる場合で、固有数詞の場合は、「ハン(한)、トゥ(두)、セ(세)となる。

 

数字のルールについては、意外にややこしいのでこちらで詳しくまとめました。

韓国語数字まとめ

韓国語の数字の数え方を完全解説【まとめ】

2018年10月12日

それでは~

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」