「猿」を韓国語で何という?「원숭이」の意味と使い方を解説!

スポンサーリンク

 

「猿」を韓国語で何という?「원숭이」の意味と使い方を解説!

」を韓国語で何というでしょうか?

動物園で「猿がいるよ」、「猿がご飯を食べている」などの実践的な会話で使えるよう様々な例文を用意しました。

意味や使い方を理解できるように詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読み進めてお役立てください。

スポンサーリンク

 

「猿」を韓国語で何という?

」は、

ウォンスンイ
원숭이

といいます。

会話で使う場合は、「猿です」、「猿だ」、「猿だった」など語尾をつけていいますが、韓国語ではどのようにいうでしょうか?

「猿です」を韓国語で

猿です」は、

ウォンスンイエヨ
원숭이예요

または

ウォンスンイインミダ
원숭이입니다

といいます。

韓国語には丁寧語が2種類あります。

-예요」の方は、親しみを込めた丁寧語で、親しい間柄の目上に使います。

-입니다」の方は、会社などかしこまった場所やスピーチなどで使います。

日本語でも丁寧語で話すときに「です、ます」で区切るより、後ろに「よ」をつけて「ですよ、ますよ」というと柔らかい印象になりますが、これとほぼ同じ使い分けをします。

丁寧語についてこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:韓国語の【입니다 イムニダ】【이에요/예요 イエヨ/エヨ】を解説!

「猿だ」を韓国語で

猿だ」は、

ウォンスンイダ
원숭이다

~だ」というのは「-다(ダ)」をつけて表します。

「猿だった」を韓国語で

猿だった」は、

ウォンスンイヨッタ
원숭이였다

といいます。

他の言い方は次の通りです。

猿だったよ원숭이였어(ウォンスンイヨッソ)
猿でしたよ원숭이였어요(ウォンスンイヨッソヨ)または원숭이였습니다(ウォンスンイヨッスンミダ)

過去形についてこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:韓国語の過去形について解説

よく使う例文

<1> 猿がいるよ。
ウォンスンイ イッソ
원숭이 있어.

<2> 猿がご飯を食べている。
ウォンスンイ パンモッコ イッソ
원숭이 밥 먹고 있어.

<3> 猿を見に動物園に行った。
ウォンスンイ ポロ ドンムルウォネ カッタ
원숭이 보러 동물원에 갔다.

<4> 猿が逃げた。
ウォンスンイガ トマンチョッタ
원숭이가 도만쳤다.

<5> 猿が2匹仲良く遊んでいる。
ウォンスンイ トゥマリ サイチョッケ ノルゴイッタ
원숭이 두마리 사이 좋게 놀고 있다.

<練習問題>次の単語を使って《文》の日本語を翻訳してください。

《単語》「나무|ナム|」、「떨어지다|トロジダ|落ちる

《文》「猿も木から落ちる。

▼解答例を確認

数え方は?

の数え方の単位は마리(マリ)」です。

数字は固有数詞を使います。

(例)1匹 → 한 마리(ハンマリ)

関連単語

ニホン猿일본원숭이(イルボンウォンスンイ)
母猿어미 원숭이(オミ ウォンスンイ)
子猿아기 원숭이(アギ ウォンスンイ)
類人猿유인원(ユイノン)
犬猿の仲견원지간(キョンウォンジガン)

参考:韓国でも「猿年」はある?

韓国でも猿年はあります。

「~年」のことを「~띠(ティ)」といいます。「猿年」は「원숭이띠(ウォンスンイティ)」といいます。

 

最後に

以上、色々な言い方や使い方を例文をあげながら解説しましたが、理解できましたでしょうか?

理解できた方は、韓国人の友達やパートナーを誘って「」のいる動物園に行き、会話で「원숭이」を使ってみてください。

それでは~

 

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)