【文在寅大統領2018年5月27日のつぶやき】第2回南北首脳会議を経て

スポンサーリンク

 

文在寅大統領の一挙手一投足!

今、朝鮮半島の情勢はめまぐるしく変化しています。

そんな変化の渦の中心にいる人物、大韓民国の文在寅大統領のtwitter上でのツブヤキに注目するコーナーです。

 

2018年5月27日のツブヤキ

ツブヤキ内容

尊敬する国民!

昨日午後板門店北朝鮮地域統一 金正国務委員 2回目南北首脳会談ちました。

すぎた427日、板門店平和会談った、ちょうどぶりです。

 

添付画像の内容

尊敬する国民様!

昨日午後板門店北朝鮮地域統一 金正国務委員 2回目南北首脳会談ちました。

すぎた427日、板門店平和会談った、ちょうどぶりです。

すぎた会談で私たち2人の首脳必要ならいつどこでも格式ばらずっていに頭を寄せ合い民族大事論議しようと約束したことがあります。

委員一昨午後一切形式なくいたいという意思えてきて、受諾しました。

南北対立葛藤克服するための方法首脳定例出会いと直接疎通強調してきて、その意味4月27日板門店宣言にいっさいを含めています。

そのような意味で、はすぎた4歴史板門店会談らず友達との平凡日常のようにわれた今回会談非常きな意味付与たいです。

南北はこのようにわなければならないというのがえです。

国民!

私たち両首脳は、米朝首脳会談を前にして虚心坦懐対話わしました。

先週あったトランプ大統領との首脳会談結果説明しながら、

トランプ大統領書記完全核化決断実践できる場合

北朝鮮との敵対関係終息経済協力についた確固たる意志があるということをしました。

に、書記トランプ大統領は、いずれも米朝首脳会談成功からんでいるくらい双方直接意思疎通じて誤解払拭させ首脳会談合意しなければならない議題ついて実務交渉じて十分事前対話必要という強調しました。

委員も、これに同意しました。

金正委員は、板門店宣言き、もう度朝鮮半島完全核化意志明確しており、米朝首脳会談成功を通じて戦争と対立の歴史を清算し、平和繁栄のために協力するという意思表明しました。

私たち両首脳6.12米朝首脳会談成功われなければならず、朝鮮半島非核恒久平和体制けたたちの道はして中断されないという確認これをけて緊密相互協力することにしました。

また、たちは4.27板門店宣言早期履行確認しました。

このため、南北高官会談61開催軍事緊張緩和けた軍事当局会談離散家族再会けた十字会談いでくことで合意しました。

首脳今回会談必要じて迅速かつ格式ばらず開催されたことにきな意味があると評価これからも必要場合いつでも相互通信たり、って隔意なく疎通することにしました

する国民様!

ってみると、昨年まで長年たちはいつも不安でした。

安保不安恐怖経済外交にはもちろん国民日常生活にまで深く関係していました。

韓国政治老朽させてきたきな理由でもありました。

しかし、我々は歴史れをています。

冬季五輪平和オリンピックにつくりあげ、緊張対立象徴だった板門店に平和繁栄しいています。

北朝鮮実験ミサイル発射中止実験廃棄する決断せてくれました。

これからがまりですが、そのまりは過去にあったもうまりではなく、完全しいスタートになるでしょう。

頂上えたから一歩一歩さらに困難になるように朝鮮半島完全核化完全平和長さはして容易ではないです。

しかし、は、大統領として国民えたすべての権限義務くしてその行き成功します

国民にも一緒にがんばりましょう

ありがとうございます 。

2018年5月27日
大統領 文在寅

スポンサーリンク

ლ(╹◡╹ლ) こちらの記事もどうぞ ლ(╹◡╹ლ)

▼耳で楽しむ読書アプリ「audiobook.jp」